エアコンの水漏れ修理方法と修理費用!寿命と買い換えタイミング

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

エアコンの水漏れトラブルと修理方法を解説!修理費用と買い換え時期

エアコンから急に水が漏れることって多いですよね。急なトラブルにあたふたしないためにも修理業者や修理費用を押さえておくことは大切ですよね。

エアコンの水漏れトラブル

 

エアコン

 

エアコンは、現代の生活には、もはやかかすことのできない必需アイテムになっていますよね。

 

夏は冷房なしに過ごすことはできず、冬は暖房なしに越すことはできません。

 

人間が過ごしにくく、不快に感じるとき、
エアコンを運転させれば、すぐに湿度や温度を調整して心地いい空間に変えてくれます。

 

ところで、このエアコンからも水漏れや水のトラブルが起こること、御存知ですか?

 

このサイトでは、エアコンで起こる水漏れの原因と、
その対処方法や修理方法、業者に依頼したときの費用の相場などをまとめています。

 

「暑くてエアコンを使用したら水漏れしていた。」
「エアコンから水漏れしているけれど、どこに修理依頼したらいいのかわからない。」
「室内機から水漏れがしていて床が水浸しになっている。」

 

そんなときに助けになれるサイトとして、役に立てたらと思っています。

 

 

 

エアコンの種類と水漏れの原因

 

エアコンの内部は、冷気や暖気となる空気のみが循環しているだけではなく、
水漏れの原因となる液体も多く循環しています。

 

エアコンの構造は、結露や液状化を通して本体の中に水が発生する仕組みになっています。

 

エアコンには、家庭用のルームエアコンや、
運転能力の強いビルや大きな建造物向けの業務用エアコンに分類されます。

 

また、車の中で利用しているカーエアコンも原理的には同じ構造です。

 

エアコンが室内の温度を変えることができるのは
水が蒸発するときに、周囲から温度を奪う気化熱という現象を利用しているからです。

 

エアコン内は、室内機と室外機をパイプを通して気体と液体の状態を繰り返して循環しています。
そこで発生したドレンパンを伝い、ドレン管などを通して外に排水されています。

 

こういった排水が正常に行われない場合
エアコンの思わぬところから水漏れが起こる場合があります。

 

特にドレン管の劣化や設置不良で起こったり、
また、ドレン管の中に汚れがつまったり、虫の死骸があるとつまることがあります。

 

エアコンの種類と水漏れ原因

 

 

 

 

修理方法

 

エアコン内部の水漏れが起こった場合は、いくつかのアプローチがあります。

 

ただ、エアコンの水漏れの原因は、ドレン管のつまりであることが多く、
配管の中のつまりを解消することで解決する場合が多いです。

 

その修理方法は、
サンクションポンプと呼ばれる道具で汚れやつまりを吸い上げることです。
また、配管が切れている場合は、テープで補修したり、逆流防止弁などを設置することがあります。

 

ドレンパンで雑菌が繁殖してスライム状のものができていたり、つまりがひどい場合には、ある程度エアコンを分解(オーバーホール)してクリーニングする必要があります。

 

エアコンの水漏れ修理方法

 

 

 

 

修理費用の相場

 

エアコンの水漏れトラブルの修理費用は、主に技術料や出張料から成り立っています。

 

エアコンの水漏れトラブルの約8割が7,000円~15,000円で済むというデータがあります。

 

サンクションポンプで外部から汚れやつまりを吸い出すといった行為は、
比較的簡単な作業で、最低限の技術料で済む場合が多いです。

 

ドレンパンのつまりなどを解消するため、エアコンのオーバーホールを行う必要がある場合は、
エアコン分解のための工賃が発生するので、少し割高になります。

 

修理費用の相場

 

 

 

 

DIY修理は可能か?

 

サンクションポンプは、ホームセンターやアマゾンでも購入が可能なため、
一般の人でも、比較的簡単にDIY修理を行うことができます
インターネット上でも具体的な修理方法が解説されているサイトもあるのでチェックしましょう。

 

ただし、エアコンのオーバーホールは、知識や技術を伴うので、専門の業者に依頼するのが無難です。

 

DIYでエアコン修理についてはこちら

 

 

 

 

エアコンの寿命と買い換えタイミング

 

エアコンのメンテナンスを考える上で大切なのは
エアコンの平均的な寿命や耐久年数を知ることです。

 

エアコンは、長ければ10年~15年以上持つことがあります。
しかし、メーカーが推奨している買い換えの期間は7年としていることが多いです。

 

エアコン寿命と買い換え時期


SPボタン