外部から真空ポンプ・エアコンをバラしてドレンパン清掃

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

ドレン管には真空ポンプ・ドレンパン汚れはエアコン分解

エアコンはドレン管がつまったり、ドレンパンに水がスライム状の固形物になることで水漏れが起こります。この時の正しい対処法や修理方法を解説します。

エアコンの水漏れ修理方法

 

ドレンホースのつまりの修理

 

エアコンの水漏れの原因の多くが、ドレンホースのつまりにあるといわれています。

 

エアコンは、一度施工してしまえば7年~10年は交換することがないので、
エアコンの内部やドレンホースの中は徐々に埃や汚れが堆積してきます。

 

クモの巣

その中で、ドレンホースのつまりは、主に汚れやほこりが原因ですが、小さな虫が侵入していたり、蜘蛛が巣を張っていたりして起こることもあります。

 

ドレンホースの中を見たら、虫の死骸があったという事例は多く、比較的簡単に解決できるケースです。

 

ドレンホースのつまりを解消するのは比較的簡単で、
専用の掃除機などでそういった異物を吸い出したり、
ドレンホースクリーナーという清掃用品を利用して吸い出します。

 

また、ドレンホースクリーナーの他には、
エアコンの送風口に養生をして、ドレンホースに真空ポンプを当ててかきだす方法もあります。

 

 

 

 

ドレンパンの汚れの洗浄

 

室内機の中にある熱交換器であるアルミフィンで結露した場合、
また、洗浄クリ―ナーを吹き付けた後に水の流れ道として、
ドレンパンと呼ばれる受け皿に流れ込みます。

 

このドレンパンを伝い、ドレンホースによって排水として外に出されますが、
ドレンパンが汚れて雑菌の増殖などにより
液体が固まってしまっていたり、ゼリー状になってしまうと
水の流れがスムーズに行えなくなります

 

その場合は、ドレンパンを清掃する必要があります。
ドレンパンは、オーバーホールしなければ洗浄できないため、エアコンの分解が必要になります。

 

分解後、専用のクリーナーや洗剤を用いて洗浄します。

 

 

 

 

ドレンホースのたるみの修理

 

エアコンのドレンホースは、どの家庭でも建物でも一定に引けるものではありません。

 

室内機の設置場所と屋外の関係により、配管やドレンホースの形がいびつになることもあり、
また、ホースが長くなってたるんでしまうことがあります

 

このように、著しくたるみのある場所では、通常の排水が難しくなり
たるみを解消したり、勾配をつけるなどの措置や調整が必要になります。

 

また、逆流防止弁などを取り付けることもあります

 

 

 

 

異常冷却におけるエアコンの修理

 

ドレンパンやドレンホースに問題がないのに、室内機から水漏れが起こることがあります。

 

エアコンがなんらかの理由により異常冷却されて、
熱交換器の中など、エアコンの内部で結露が大量におこり、
やむをえず送風口から水が流れ出してしまうことがあります。

 

この場合は、ただちに修理業者やメーカーに修理を依頼することをおすすめします。

 

 

 

 

>>気になる修理の費用は一体どれくらい…?<<


SPボタン