排水パイプのつまりの原因と修理方法・修理費用を解説

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

排水管つまりの修理方法や業者の作業相場

「排水パイプが詰まって水が溢れている。」「水道が流れない。」そんな緊急事態でもしっかりと修理費相場や原因を理解し、適正な業者に依頼しましょう。

排水管のつまりや劣化

 

まずは、基本的な排水設備やその構造について説明したいと思います。

 

排水管は、キッチンのシンク、洗面台、トイレ、浴室の排水口などからつながっており、
排水ます、公共ますを通じて、公共の下水道へとつながっていきます。

 

排水管に使われる材質としては、
塩化ビニール管、排水用ライニング鋼管、石綿二層管などを利用します。

 

 

排水の仕組みとつまりの要因

 

生活排水を流すということは、単に排水管を使って水が流れるということではなく、
さまざまな物質を同時に流し込むことでもあります。

 

キッチンや台所の洗い流しでは、
油汚れや食べ残しのネットで拾いきれないものを流してしまったり、
お風呂では、毎日髪の毛を洗ったり、シャワーを浴びたりして、
人間の体毛が排水口へと流れ出しています。

 

そして、極みつけは、トイレは毎日人間の汚物を水で強引に下水道へと流し込んでいます。

 

これは、ある意味では、非常に無理のある強引さがあり、長い間使用された排水管は、
徐々に汚れが堆積してきて、錆びたり劣化したりして、つまったり流れが悪くなったりします

 

排水の仕組み・つまりの原因

 

 

 

 

修理方法

 

排水管の修理は、キッチンのシンク下や洗面台の下のトラック管など、
手の届くところは修理が比較的容易に可能です。

 

しかし、排水管というのは、住宅の床下など、地下に張り巡らされていることも多く、
場合によっては、大がかりなリフォームや工事を要求することもあります。

 

簡単なつまりの解消なら、
薬剤を投入させたり、高圧洗浄機によって洗い流したりする方法があります。

 

排水管つまりの修理方法

 

 

 

 

修理費用相場

 

トイレのつまりを解消する場合にかかる料金の相場は、
大体8,000円~1万円基本料金とするところが多いです。

 

高圧洗浄機など、特殊な機械を使用する場合には、
もう少し高額になって1万5,000円以上掛かることもあります

 

また、トイレや浴室の排水溝などに異物を落としてしまったという場合にも、
8,000円前後で対応してもらえるでしょう。

 

排水管の修理は、目に見えるところなら比較的容易に修理することができますが、
床を開けなければならなかったり、地下に潜り込まなければならない場合は、
別途工事が必要になる場合があります。

 

その場合は、調査を経て改めて見積をもらう形になります。

 

排水管修理の相場

 

 

 

 

DIY修理は可能?

 

洗面台のトラップ管の交換程度なら、個人でもDIYで行うことが可能です。

 

PCと女性

トラップU管やパッキン、防臭ゴムなどの部品は、ホームセンターでもインターネット通販でも購入することが可能です。

 

また、使用する工具もスライド式のレンチなど少なく、初心者でも取り組むことが可能です。

 

排水管修理をDIYで!

 

 

 

 

排水管つまりを事前に防ぐ予防策

 

排水管は徐々に劣化したり、腐食したりするものです。
日頃の心掛けが、排水管を傷めず、長い間安定して利用することができます

 

浴室やキッチンでは、
パイプクリーナーを定期的に使ったり、むやみに油を流さないなどの心掛けが大切になります。

 

排水管つまりを未然に防ぐ日頃のメンテンナス

 

 

 

私たちの生活にとって、排水の問題は欠かすことのできない要素だといわれています。

 

人間の生活の中で欠かすことのできないのが水です。

 

人間の体の60%は、水で出来ているといわれているように、
常に人間は水なしでは生きていくことはできず、飲料水としての水だけでなく、
体を洗ったり、食器を洗ったり、洗濯をしたり、トイレで排泄物を流したりと、
生活のいかなる場面でも、水によって支えられているということができます。

 

私たちにそういった生活水や飲料水を上水道から供給するとともに、
それを適切に衛生的に排泄する排水設備や下水道が完備されていることも、
現代人の生活の中で重要な要素です。

 

普段、下水道や排水について意識することは少ないけれど、家や邸宅の排水設備から、
公共的な排水設備へと支障なく流すことができないと大変な問題が起こってくるものです。


SPボタン