ガス式給湯器は設置コストは安いが構造的に劣化しやすい

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

ガス・電気・石給湯器!給湯器の構造と種類と水漏れ原因

給湯器はどの家庭にもある重要なインフラです。ガス式、電気式、石油式など給湯方法に違いがあり、それぞれ水漏れトラブルのケースは違います。

給湯器の種類と水漏れ原因

解説

 

 

 

給湯器の種類について学びましょう。

 

給湯器は、主にガスによって給湯するものと電気によって給湯するものがあります。

 

最近では、オール電化の家も増えてきたので、電気式給湯のタイプも増えてきていますが、日本の住宅で最も多いのは、ガス給湯です。

 

また、石油式給湯器というものも存在します。


 

 

ガス給湯器

 

ガス給湯器は、電気式給湯器と違い、
瞬間的湯沸かしによって、給湯する直前にガスバーナーで加熱する構造なので、
シンプルで設置コストが低いことがメリットです。

 

ガスの種類によっては、光熱費が高くなることがややデメリットで、
瞬間湯沸かし器であるガス給湯器は、
最初の出はじめからお湯が出るまでに少しタイムラグがあるというデメリットもあります。

 

瞬間湯沸かしでなく、電気式給湯器のように、
温めたお湯を一定数貯湯するタイプのものは、この限りではありません。
(ガスでも貯湯式のものもある。)

 

屋外設置タイプ屋内設置タイプがあり、屋外設置の場合は、
屋内のキッチン、洗面台、浴室などに繋がっており、どこでも給湯器の機能を使うことができます。

 

ガス給湯専用タイプは、風呂釜を沸かすことはできず、
キッチンや洗面所、浴室のシャワーやカランに給湯することができます。

 

また、これに風呂釜を直接沸かすことのできるガスふろ給湯タイプもあります。

 

屋内設置タイプは、主にキッチンだけに備わっている小型式の瞬間湯沸かし器があり、
直接給湯器から生えたシャワー口から給湯することが多いのが特徴です。

 

 

 

 

電気式給湯器

 

電気式給湯器は、
ガス給湯器と比べて、エコでクリーンなエネルギーとして活用できるという特徴があります。

 

排気を必要としないので、設置の制限も少なく、
光熱費も電力の深夜料金を適用させることで比較的割安になります。

 

駆動音も少なく、メリットは多いですが、
貯湯式であることが多く、貯湯タンクの設置場所は必要です。

 

また、給湯量に上限があるので、使い過ぎには十分気を付ける必要があります

 

 

 

 

給湯器の水漏れの原因

 

給湯器の水漏れは、給湯管の経年劣化が大きく
給湯管に金属疲労を起こして穴が開いてしまったり
ゴムパッキンなどが劣化して水漏れするということが多々あります。

 

給湯器の寿命は、概ね10年程度といわれており、
通常使用であっても経年劣化のリスクは避けることができません。

給湯器に現れる「買い替えサイン」について

 

特に、配管の接続部は劣化しやすく、水漏れが起こります。

 

給湯器には圧力がかかるので、
配管や部品には常に負荷がかかっており、物理的にも少しずつ劣化していきます。

 

安全弁や減圧弁という部分が故障して水漏れする場合もあります。


SPボタン