ガス溶接だけ依頼もOK!温度ヒューズのみで改善した事例も

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

自分でもできる!給湯器のDIY修理徹底検証!

給湯器の修理は予想外の出費で、新品交換ともなれば10万円や20万円はします。給湯器のDIY修理をチャレンジしたい人のために可否を徹底検証します。

給湯器のDIY修理は可能?

 

給湯器のDIY修理が可能かどうかを考えてみましょう。

 

ガス給湯器の構造は、基本的に下記のような構造になっています。

 

ガス給湯器の中に給水管が水をくみ上げ、
ガス管からガスを取り入れ、ガスバーナーで水の入った熱交換器を熱し、お湯を作り出します。
そこから給湯管によってお湯が運ばれます。

 

また、リモコン操作により制御するため、
電子コントロール基盤部や風呂の追い炊きセンサーなど、
電気系統の回路までさまざまなものがあります。

 

複雑で、ガス漏れやガスが噴出する危険性もあるため、
基本的にはプロの業者に修理や交換を依頼するのが鉄則です。

 

ただ、自己責任を前提に給湯器のDIY修理にチャレンジしたいという人のために、
インターネット上で給湯器を自分で直した凄腕素人の体験談をご紹介します。

 

 

 

10万円以上の新品交換費を部品一つで直した体験

 

お風呂に入ろうとして、シャワーを開けてもお湯がでないことに気づき、
給湯器の異常を判断して専門の業者に修理を依頼したら、
「新品給湯器への交換」を提案され、見積りをしたら10万円以上の金額を提示されました。

 

しかし、こちらの方は、給湯器の中を開けて温度ヒューズの故障と判断して、
ホームセンターで新しい温度ヒューズを購入して新たに取り付けてみたそうです。

 

そうしたら、見事に回復して新品への交換を回避しました。

 

 

 

 

ガス溶接のみをガス屋にお願いすることも可能?

 

溶接

給湯管の配管の接続のDIYで、
素人が脱落するポイントの一つにガス溶接があります。

 

ガスバーナーで配管と継手を炙り、ろう付けやはんだ付けをしていく工程がありますが、これをガス屋さんにお願いすることも可能だという報告もあります。

 

その方は、給湯器の交換をガス溶接以外はすべて自分で行ったようで、
ブレードホースセット、循環アダプター、フレキなどの部品を、
ホームセンターなどで取り寄せて行ったため、DIYレベルは高いものと思われます。

 

しかし、「ガス溶接さえなければ自分でも」と思っている人は意外に多いはずです。
局所作業のみをプロに任せられるなら、DIY修理で安く上げることも夢ではないです。

 

DIY修理は、趣味も兼ねていることが多いですが、
プロの業者に任せると高額になってしまう作業料を浮かすことができるのが最大のメリットです。

 

ただ、給湯器のDIY修理で注意しておかなければならないのは、
ガス給湯器などは特に危険が多いということです。

 

自分でDIY修理にチャレンジしたら大事故につながったということがないように、
無理はせずに、プロの業者に依頼するのが実は一番おすすめです。

 

プロに依頼した場合にかかる費用相場


SPボタン