ウォシュレット取り付けに必要な工具と作業内容の確認

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

少しハードルは高いけれど、ウォシュレットはDIYで取り付けできる!

手順さえしっかり覚えれば比較的簡単に取り付けが可能ですが、なかなかDIYで取り付けるのを避けることが多いのがウォシュレットです。ウォシュレットの取付方法の手順を解説します。

ウォシュレットの取り付け方法

 

トイレにまつわる工事の中で、ウォシュレットの取り付けは、
比較的にハードルが低く、頑張れば自分でもDIY設置ができます

ウォシュレットの修理方法の詳細ページ

 

ウォシュレットは、家電量販店やホームセンターでも簡単に購入することができるので、
正しい手順で行えば、業者でなくても個人でDIY取り付けができるので、
挑戦してみたい人はぜひトライしてみるといいでしょう。

 

まず、必要な工具を確認していきましょう。

 

工具

ウォシュレットの取り付けで必要な工具は、

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • スパナ

などが必要です。

 

また、ウォシュレット取り付けに必要な小型の専用の工具は、
購入したウォシュレットの中に入っていることもあります。

 

 

止水栓を閉めて作業準備

 

ウォシュレットは、本体に給水させる必要があるので、給水管をつなげる必要があります。
作業をはじめる前には、一度止水栓を閉めて水が流れないようにしましょう。
止水栓は、マイナスドライバーで閉めることができます。

 

 

 

 

既存給水管を取り外し、分枝金具を取り付ける

 

ロータンクに給水するだけでなく、
ウォシュレットにも給水する必要があるので、分枝金具を取り付けます。

 

そのためにはまず既存の給水管を取り外します。
ナットを緩めて取り外し、水のこぼれなどにも注意しながら正確に作業しましょう。

 

給水管を取り外したら、次は、ウォシュレットに同梱されている分枝金具を取り付けます。
止水栓にパッキンをかませて正確に接続します。

 

 

 

 

分枝金具にフレキシブル管を取り付ける

 

ロータンクと分枝金具をフレキシブル管によってつなげます。

 

 

 

 

便座を取り外してウォシュレットを装着

 

便器にもともとついていた便座、もしくは旧ウォシュレットを外します。

 

便座はナットなどで下から固定されているので、
便器の背面をよく確認しながら、ナットをまわして取り外します。

 

このときに便座締付工具などが必要になります。

 

取り外したら、製品に含まれているウォシュレットのベースプレートを取り付けます。
ネジ閉めが必要になるので、ドライバーを使います。

 

ベースプレートの上にいよいよウォシュレット本体を取り付けます。
ベースプレートは、容易に脱着できるようになっているので簡単です。

 

 

 

 

ウォシュレットに給水ホースを取り付け

 

ウォシュレットを取り付けたら、洗浄水を流すための給水ホースを取り付けます。
分枝金具から取り付けて、ウォシュレットの給水口に正確に接続します。

 

これですべての給水に関する接続が完了になります。
接続した部分から水漏れがないかを再度チェックしましょう。

 

 

 

 

完成

 

あとは、コンセントにつなげば使用できるようになります。
「意外と簡単じゃないか!」と思った方も多いでしょう。
ぜひ精力的にチャレンジしてみてください。


SPボタン