節水・デザイン性・機能性!すべてで高いパフォーマンス

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

水回りのリフォームでキッチン・トイレ・洗面所を刷新

水回りのリフォームの技術革新を顕著に感じることのできるリフォームです。キッチン、トイレ、洗面所などをリフォームするとワクワクします。

水回りのリフォーム

 

リフォーム

水回りは、家をリフォームする上で非常に重要な部分ですね。

 

キッチン、浴室、トイレなどなど、
水を扱うマイホームのインフラは日進月歩で、
10年前と今では、見違えるくらいのイノベーションがあります。

 

より便利に、スタイリッシュになった水回りリフォームは、
とても胸躍るものです。

 

 

キッチン

 

キッチン金具一つを取ってみても、従来のものよりも高い節水効果のあるものや、
レバーで水の開け閉めをせずに、センサーで蛇口の開閉が可能なタッチレス水栓などもあります。

 

また、水栓からホースが伸びて、
シャワーでシンクを洗い流すことも可能なモデルも普及しています。

 

より衛生的で、よりお手入れがラクになっているというのがキッチン水回りの現状です。

 

 

 

 

トイレ

 

トイレの進歩は目覚ましいものがあり、
便器の形状、ウォシュレットの進化、節水機能の大幅な向上など、
どれをとっても快適空間を演出する素晴らしいインフラになっています。

 

10年前は、ロータンクの水量は、10リットル前後ありましたが、
現在の節水モデルでは、半分以下にまで到達しています。

 

節水が実現して、流れる水が少なくなると、排水の静粛性も格段に上がります。

 

ウォシュレットが放出する抗菌水で便器内まで常に清潔に保たれ、
タンクレストイレの登場により、さらなるトイレのデザイン化、また、居住性が高まり、
より居心地の良い空間としてトイレは進化しました。

 

 

 

 

浴室

 

浴室もシャワーや浴槽へのお湯張りによってたくさんの水量を使う場所です。

 

ここでも節水が求められますが、
最新の浴室システムには、さまざまな光熱費削減の効果が期待されています。

 

その中で特に注目されているのが魔法瓶浴槽です。

 

魔法瓶浴槽は、断熱構造が採用された保温効果のある浴槽のことです。

 

浴槽にお湯を張ると、その温度を維持するために追い炊きが必要なのが、従来のお風呂でした。
お湯を沸かすには、たくさんのエネルギーが必要で、ガスや電気などの光熱費がかかります。

 

しかし、魔法瓶浴槽は、
長い時間、最初に沸かしたお湯の温度を保つことができるので、
追い炊きによる光熱費の消費を最小限に抑えることができます。

 

 

 

 

洗面台

 

洗面台は、洗顔や手洗いをするための水回りであると同時に、
化粧鏡や収納としての役割も多く持っています。

 

この洗面台は、時代の流れとともにトレンドも変わっていきます。

 

10年も前の洗面台は、専有面積がやけに大きく、
デザイン性も時代にそぐわないものになっていることも確かです。

 

最新の洗面台は、省スペースで大容量の収納ができることが特徴です。
洗面ボウルもおしゃれなデザインのものが続々登場しています。


SPボタン