ロータンク・水たまり・せき!トイレの重要ポイント

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

トイレの流れる仕組み!ロータンクから下水に流れるまで

普段何気なく使用しているトイレですが、このトイレはさまざまな工夫や複雑な構造で構成されており、水が流れる仕組みが出来上がっています。

トイレの流れる仕組み

 

普段私たちが当然のように使用しているトイレですが、水栓トイレが流れる仕組みって、
実際どういう風になっているのか、不思議に思ったことはありませんか?

 

水洗トイレの仕組みは、排せつのたびに一定の水が流れることにより、
排泄物が下水道に排出されるようになっています。

 

水は、便器の種類によって流される上限が決まっています。

 

 

ロータンクの仕組み

 

タンクレストイレ

最近では、タンクレストイレが話題になっていますが、
多くの場合、水を貯めておくロータンクというものが用意されています。

 

このロータンクの中は、水が流されたとき、次の水を貯めておく給水が同時に行われます。

 

ロータンクの中は、
ボールタップ、オーバーフロー管、排水弁、ゴムフロート、フロートバルブ、浮き球など、
複雑な構造で出来ており、これらが正常に機能することで一定の水が流され、溜められていきます。

 

これらのパーツがタンクの中でどのように機能しているかというと、
レバーを操作してタンク内のゴムフロートが持ち上がり、便器に水が放出されます。

 

ゴムフロートは、排水弁とともに水を便器にせき止めている装置であり、
これが故障してしまうと水漏れの原因にもなります。

 

この時に浮き上がったゴムフロートは、レバーを元に戻せば閉まるようになっています。

 

ボールタップは、タンク内に水を給水する装置で、
タンク内にある浮き玉が水量のセンサーのような役割をしており、
これが下に下がっていけば水量が少ないということになるので、
ボールタップが水をタンク内に給水します。

 

 

 

 

水たまりができる仕組み

 

トイレの便器の仕組みの中で重要なのが水たまりです。

 

便器の中にはいつも水たまりがありますね。

 

これは、トイレの仕組みの中でもとても重要なポイントで、
排水路から通じる下水道への物理的遮断装置となっており、
下から這い上がってくる悪臭などをせきとめる役割を担っています

 

この水たまりはどうやってできているのか、不思議に思ったことはありませんか?

 

水たまりの奥は、一度排水路に排出される前に、
少し坂のように上ってから下に落とされるようになっており、そこを「せき」と言います。

 

このせきがあるからこそ、水たまりが一定に維持され、
流しても流しても同じ位置に同じ大きさの水たまりができるようになっています

 

 

 

 

いかがですか?

 

このように、トイレの中はさまざまな物理的な力学を利用して、
常に給水、排水ができるような仕組みが出来上がっています。

 

普段何気なく利用しているトイレの仕組みは、
人間が築き上げた掛け替えのない叡智の結集だということがわかります。


SPボタン