基本は大家負担が原則!事後報告よりも事前の交渉が大切!

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

賃貸物件で大家さんに水道管工事費を負担してもらう方法

賃貸物件に住んでいる人にとって、水道管にトラブルがあったときは、もしからしたら工事費を大家さんに負担してもらえるかもしれません。その詳細と交渉術をピックアップしました。

賃貸では大家さんが負担?

 

水漏れや水トラブルに見舞われたとき、修理するためにプロの業者を呼ぶことを考えます。
しかし、業者を呼べば、それなりの出費になってしまうのが痛いですよね。

 

水道や排水管の水漏れトラブルは、最低でも5,000円程度の修理費用がかかります。

 

ケースにもよりますが、7,000円~1万5,000円程度かかることもあり、
仕方のないこととはいえ、家計にとってダメージがありますよね。

 

しかし、賃貸物件に住んでいる場合は、
必ずしも個人で負担しなければならないということもないです。

 

特に、入居してすぐ水道の水漏れが発覚した場合、
これを入居者の過失にするのは難しいですよね。

 

どう考えても、以前の使用者や経年劣化が原因で、
現状での入居者の落ち度は極めて少ないはずです。

 

したがって、水道修理などの費用は、
大家さんが負担してくれるものと言いたいところですが、
これはケースバイケースのようです。

 

大家さんが修理費用をすべて負担してくれることもあります。

 

しかし、必ずしも大家さんが費用を全部出してくれるとは限らず、
借主と家主で半分ずつ折半になることもあります。

 

 

交渉のポイント

 

水漏れや水トラブルが発生して、業者に依頼しなければならない事態になったら
先に修理をしてしまう前に、一度大家さんや不動産会社へ相談交渉をしてみましょう。

 

申し訳なさそうに大家さんに電話

「すいません。
現在○号室に入居している○○ですが、
トイレが水漏れしているので、修理をしていただきたいのですが…。」
と申し訳なさそうに丁寧に相談してみます。

 

そうすれば、大家さんも店子のために、何か施策を考えてくれるはずです。

 

逆に、修理をして事後報告となると、
「急にそんなことを言われても払えない。」という風に態度が硬化してしまうかもしれません。

 

 

 

 

基本的には大家が修繕費を支払うもの

 

給水管や排水管など、水道管の老朽化については、
部屋の使用者に責任がある場合に限っては、使用者が修繕費を負担する必要があります。

 

しかし、特に使用者に過失がなく、水漏れしたり、水道管にトラブルが起きた場合は、
所有者、つまり大家に修繕の義務が課されます

 

所有者は、常に物件を安全に快適に管理する義務を負っているので、
水道管が破裂したり、水漏れを起こせば、修繕の義務が発生するのです。

 

 

 

 

普段から大家さんと連絡を取る

 

大切なのは、もしも水道管にトラブルがあったときに
大家さんの連絡先が分からず、すぐに相談ができない事態を避けることです。

 

これでは、大家さんに緊急時にどうしたらいいのかを聞くことができず、右往左往してしまいます。

 

こういうことがないように、普段から大家さんと面識を合せておくことが大切です。
定期的に挨拶に伺いましょう。


SPボタン