水が止まらずパニックになったら元栓を閉める!

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

水道修理の流れとステップ

水漏れが起こった際に重要なのは水道の元栓を閉めることで、それが終わったら業者へ電話し見積もりをもらいましょう。見積もりと違う料金が来ないように小まめな確認が大切です。

作業の流れと応急処置

 

数年に1回、突然訪れるのが水漏れの被害です。
油断している時に水漏れが起こってしまうと、何かと混乱してしまいがちです。

 

何をして良いか分からなくならないように、水漏れの修理作業の流れをしっかり把握しておきましょう。

 

 

 

 

水道の元栓を止める

 

水漏れの規模にもよりますが、蛇口やトイレなどで水漏れが起こったのなら元栓を閉めるのが大切です。

 

マンションなどでは水漏れの被害が階下へと及んでしまい、多額の賠償が発生する恐れもあります。高額な水道代の請求にも繋がるので、まずは元栓を閉めるのを忘れないようにしましょう

 

 

 

 

水道修理業者に連絡する

電話に出る水道業者

 

元栓を閉めたら、次は水漏れの対応をしてくれる業者へ連絡しましょう。

 

日中であればどの水道修理業者でも電話に出てくれますが、夜間の場合は注意が必要です。

 

夜間だと対応外の業者は少なからずあり、その場合は他の業者へ連絡しなければなりません。

 

365日、24時間対応の業者もあるのでそちらへ電話すれば問題無いでしょう。

 

 

 

 

業者に状況を見に来てもらう

 

電話で水漏れの状況を詳細に伝えられれば良いですが、素人では水漏れの原因を特定するのは困難です。実際に見に来て調査してもらう必要があるでしょう。

 

夜間でも対応してくれる業者はあるので、時間帯に合わせて最適なところへ連絡してください。
部品が壊れているのか、大規模な修理が必要なのかがここで判明します。

 

 

 

 

見積もりをもらう

 

非常に重要なポイントとなるのが見積もりをもらうことです。

見積もりを出す水道修理業者

 

状況を見てもらった段階で、どのぐらいの費用が発生するか確認しなければいけません。

 

この手順を忘れてしまうと、修理が終わった後に高額な請求をされてしまう恐れがあるのです。

 

業者側から見積もりの話をしてこないなら、悪質な業者だと怪しんでも良いぐらいです。

 

 

 

 

修理完了

 

水漏れの修理が無事に完了したら一段落です。
後は見積もり通りの金額を支払って終わりとなります。

 

業者によっては現金払いにしか対応していない場合もあるので、まとまったお金を用意しておくようにしましょう

 

もしこの時、何の説明も無く仮見積もりよりも高い料金を請求されたら、業者にクレームを入れる案件です。見積もりの金額が変わった時点でそれを伝える義務が業者側にはあるのです。

 

言われるがままに料金を払うのは危険だということを頭の片隅に置いておきましょう。

 

 

 

水漏れが起きた際は上記の手順に沿って行動してみてください。
それにより水漏れの被害は最小限に留められるでしょう。

水道業者の選び方がわからない方はこちらのページをご覧ください。

SPボタン