必ず作業前に修理費用見積りを貰いましょう。

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

相場から外れた高額業者は注意

水漏れ修理業者の費用相場は、簡単な修理なら約1万円程度ですが、高額な部品や大規模な工事が必要な場合は1~3万円以上の費用が掛かります。

修理費用相場と部品代

 

生きる上で欠かせない物、その1つはです。
どんな環境であれ飲み水は欠かすことが出来ない必須のものとなっています。

 

一軒家であろうとワンルームであろうと、水道は必ずと言って良いほど室内に備わっています。
そんなある種の生命線である水道から水漏れしてしまったら由々しき事態となるでしょう。

 

いつ発生するか分からない水漏れに、何の対策や準備もしないのは危険です。
何が起こっても対応できるように水漏れの対策や費用の相場を知っておきましょう。

 

 

蛇口周り

 

まずは、一般的な蛇口周りの修理費用の相場からです。

 

蛇口周りの水漏れでよくあるのは、ゴム製のパッキンが劣化して起こる水漏れです。

 

これはパッキンを交換するだけで済むので比較的簡単な修理で済みます。
作業費は3000~5000円ぐらいで、そこに出張費が加えられて8,000円~1万円程度になります。

 

水漏れが発覚した場合は、とりあえず水道の元栓を閉めるのも忘れてはいけません
蛇口から水漏れしている状態を放置すれば、高い水道代を請求されてしまいます。

 

どんな状況であれ、まずは元栓を閉めてから業者へ連絡するようにしましょう。
素人が自分だけで修理しようとするのは無謀なので、未経験の場合は専門家へ任せるのが一番です。

 

蛇口周りの修理の詳細

 

 

 

トイレや浴室

 

トイレと浴室の修理費の相場と部品代

 

トイレや浴室になってくると、修理費用の相場は少し高くなります。
こちらも蛇口と同様にパッキンの交換のみで済むなら費用は5,000円~1万円に収まるでしょう。

 

しかし、部品の劣化などが原因の水漏れは部品を交換しなければなりません
そうなると交換する部品によっては1~3万円以上の費用が発生します。

 

壁や床下にある部品を交換する場合や、大規模な修理が必要な場合は費用はさらに増えてしまいます

 

簡単な修理で済まないと分かった時点で、必ず業者へ費用の見積もりをもらうようにしましょう。
悪質な業者は修理が終わった後に高額な費用を請求してくるケースがあります。
無知に付け込む悪質な行為なので、未然に防ぐためにも必ず見積もりを請求してください。

 

 

 

基本的に、簡単な部品の交換だけなら出張費を含めて1万円以内に収まるでしょう。
配管を交換したり複雑な部品の交換になると、1~3万円程度になります。

 

この相場を覚えておき、必要以上に高額な修理費用を払わないようにするのが最善です。

 

業者によってはキャンペーンで割引きをしているケースもあるので、余裕があるならそうした情報を調べるのも良いです。

 

出来ることなら水漏れが起こってから業者を探すのではなく、事前に良心的な業者を見つけておくのがベストです。

 

事前に情報を探すことで、水漏れの修理費用の相場も分かって来るものです。


SPボタン