基本修理は5000円から!便器脱着は高額修理になることも

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

「出張費用+修理費用」総額で比較しよう!

トイレの水トラブルが発生するとついついパニックになって相場も知らずに修理を依頼して高額な費用を請求されてしまいます。そうならないためにも適切なトイレの水漏れ修理費用の相場を押さえましょう。

トイレの修理費用相場

 

トイレの水漏れ・つまりに関する修理をはじめて依頼する場合には、
「いくらかかるのか不安。」という人も多いと思います。

 

「高額な利用料金を取られるのではないか?」とか、
「出張費用が高いのかも…。」など、漠然とした不安がよぎると思います。

 

もしもの時に、アタフタしないためにも、
事前に適性な価格で適切なサービスを提供してくれる業者を探しておきたいものです。

 

なぜなら、トイレの修理や水道工事は、
良い業者を見つけないとボッタくり価格で施工をされてしまうからです。

 

トイレのロータンクのボールタップと、排水弁の交換で、
5万円以上の請求をされてしまった体験談もあります。

 

こういった悪徳業者に引っかからないためにも、
トイレの水漏れ・水まわりに関する修理がどれくらいの相場なのかを知ることが重要です。

 

ロータンク・水漏れ・ウォシュレットの修理はどんなことをするの?

 

 

 

修理相場の基本料金は5000円~

 

5000円

まず、トイレの水漏れなどの修理は、
安くて5,000円程度から、高くても2万円程度の間で行われていることが一般的です。

 

トイレのつまりや水漏れなどの基本的な修理は、
5,000円からが基本料金となっているところも多く、
ロータンク内のボールタップやフロート管、排水弁などの、
部品を新規に交換するということがない限り1万円を超える修理はなかなかないでしょう。

 

よくゴムパッキンの交換で、数万円の請求書を渡されたという報告がありますが、
パッキンの交換は大体5000円以下、基本料金程度で済むことがほとんどです。

 

 

 

ロータンクや便器の交換はやや高額

 

便器の交換やロータンクの交換になってしまうと、料金費用は高くなってしまいます

 

この場合、工賃のみで18,000円以上する場合もあり、
便器などの本体価格と合わせると、5万円以上の出費になることもあります

 

 

 

ウォシュレットの脱着の工賃

 

また、ウォシュレットの脱着作業を伴う場合も修理費用がかさんでしまいます

 

ウォシュレットの取り付けと取り外しなどの脱着工事は、
工賃だけで大体8000円程度が相場であることが多いです。

 

ウォシュレットは、水周りにある電化製品なので、
扱いが繊細で、素人がDIYをするよりも、プロに任せるのが手堅い方法なのではないでしょうか。

 

 

 

フラッシュバルブの修理・交換

 

フラッシュバルブの交換は、大体8000円前後であることが多いです。

 

フラッシュバルブは、レバーの操作が利かなくなったり、
フラッシュバルブから水漏れがしたりと頻繁に故障する箇所です。

 

部品の交換や調整だけで治らない場合は、フラッシュバルブ本体を交換する必要があります。


SPボタン