トイレットペーパーの流し過ぎはダメ!尿化防止剤も有効

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

詰まり・水漏れ予防テクニック

トイレがつまってしまうと非常にパニックになります。最悪の場合は修理業者に依頼することになり、費用もかさんでしまうこともあります。そうならないためにも事前に予防策を考えましょう。

トイレのつまり予防策

 

人差し指を立てる主婦

トイレが詰まってしまって水が流れなくなったり、水が溢れてきたりしてしまうと非常に焦りますよね。

 

そんなときには、24時間駆けつけてくれる水道工事業者がいれば安心ですが、そんな事態に陥らないためにも、
事前にトイレを詰まらせない予防策を考えましょう

 

トイレを詰まらせない予防策を考えるということは、なぜトイレは急に詰まってしまうのかを考えることが重要です。

 

トイレが詰まってしまう原因について考えてみましょう。

 

蛇口の水漏れの予防方法についてはこちらをご覧下さい。

 

 

トイレットペーパーの流し過ぎ

 

一時的に大きな原因となるが、
トイレットペーパーを過度に便器に流してしまうことです。

 

特に小さなお子さんを抱えた人ならよくわかりますが、
子供が一度に大量のトイレットペーパーをいたずらで流してしまうことはよくあります。

 

トイレットペーパーを大量に便器に投入して、
水を流したら紙が流れず、便器に水が溜まってしまって焦ることってありますよね。

 

最悪の場合は、便器から水が溢れだしてしまうことがあります。

 

こういったことを事前に予防するためにも、
1度にトイレットペーパーを流す量には気をつける必要があります。

 

大便をした時は、
ついついおしりがきれいになるまでトイレットペーパーを便器にため込んでしまいますが、
「多いな。」と思ったら一度流してしまった方がいいでしょう。

 

節水に反する行為ですが、トイレを詰まらせるよりはマシかもしれません。

 

 

 

 

男子小便器のつまり予防

 

一般家庭の便器よりも、
学校や駅、商業施設などにある男子用の小便器の方がつまりやすいといわれています。

 

なぜ男子用小便器がつまりやすいかというと、
小便器専用なので、排水管が狭くつくられているため、
尿石が付着して、排水管の中が石化状になってしまうことで、
徐々に排水できるスペースというものが少なくなってきます。

 

これによって正常な排水ができずに、
小便器の中に水が溜まってしまったり、つまってしまったりする原因になります。

 

これを事前に防止するために、尿化防止剤を投入するという方法があります。

 

これにより尿石の付着を防ぎ、排水管が狭くなることを予防する効果があります。

 

 

 

 

異物を流し込まない

 

トイレがつまる原因でもっとも可能性が大きいのが、
不意に異物を流し込んでしまうことです。

 

トイレットペーパーがなく、
ティッシュペーパーを代用してしまうこともありますが、これもNGです。

 

また、たばこを便器の中に捨ててしまう人が稀にいますが、
これもトイレをつまらせる原因になります。

 

水に溶けない固形物を流し込むことは、十分に注意したいですね。


SPボタン