災害に強いタンク式トイレ、富裕層に人気のタンクレストイレ

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

どのタイプにも弱点はある!

現在の日本の一般家庭では、洋式トイレがほとんどになってきましたが、洋式トイレといっても種類はさまざまで、タンク式なのかタンクレスなのかで故障の原因もさまざまです。

トイレの種類と水漏れ原因

 

トイレと一口に言っても、様々な種類が存在します。

 

大きく分けると、タンク式タンクレス小便器の3タイプとなり、
それぞれに水漏れやつまりのウィークポイントが存在します。

 

 

タンク一体型トイレ

 

洋式トイレの中でも基本となるのが、このタンク式トイレです。

 

タンク式、タンク一体型は、どういうものかというと、
トイレの洗浄に利用する水をタンクの中に貯めて、
そこから、使用時に水を流すときにレバーを引くと、一定の水が流れ、トイレの中が洗浄されます。

 

タンク式トイレのメリットは、水を流す原理がシンプルなので、
タンクレストイレのような電気などの動力源を必要としないため、
災害時にも水さえ止まらなければ機能します。

 

自分でできるタンク修理について

 

 

 

 

タンクレストイレ

 

最近、富裕層を中心に普及度が高まってきているのがタンクレストイレです。

 

タンクレストイレは、文字通り洗浄に貯めておく水を吸水するタンクがないものを言い、
従来のタンクを用いたトイレの様式とは一線を画します。

 

排水の方法は、いくつかに分類されますが、電動ポンプの圧力を使い水を流す場合、
停電に見舞われると水を流せなくなるというデメリットがあります。

 

ただし、ロータンクがない代わりに省スペース性が高まり、デザイン的な先進性も感じられます。

 

水漏れなどの故障と電気系統の故障のリスクがやや高いのが特徴でしょう。

 

 

 

 

男性用小便器

 

一般家庭に置いていることはほとんどありませんが、
公衆トイレや学校や商業施設や駅の構内などのトイレには、
男性用の小便器が多く設置されています。

 

男性用の小便器は、男性が小用を足すための便器です。

 

男性用の小便器の特徴は、陶器が非常に大きいということです。

 

また、排水不良などで水が床面へ漏れたり、
排水時に便器から水が溜まってしまうなどの故障が起こります。

 

 

 

 

故障の原因は?

 

考える主婦

すべての便器に共通しているのが、排水不良です。

 

この中で、タンクレストイレはやや特殊で、
原理上、故障のデメリットが多く発生します。

 

また、排水不良などの原因は、パッキンの劣化が多く、これを交換することで正常な状態に戻ることもあります。

 

しかし、故障の原因はさまざまで、タンク式トイレであれば、ボールタップやフロートゴム、給水管など、多くのパーツから構成されており、どこかが劣化したり、故障したりすると、トイレの機能は正常に動作しなくなります。

 

こういったときには、やはりプロの業者に依頼して状況を回復してもらうのが一番です。


SPボタン