地下水は自然の恵みですが、人間に必ずしも都合が良いとは限りません。

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

自然からの恵み「地下水の」のいい点や注意点

自然の恵みである地下水には冷たく美味しいイメージがあります。地下水のメリットで真っ先に挙げられるのは飲み水としての利用方法でしょう。しかし、デメリットとしては地盤沈下や水質汚染など様々な問題もあるのです。

地下水のメリットデメリット

 

地下水のいい点悪い点について

 

自然の恵みそのものである地下水は冷たくておいしい印象があります。
実際、山のふもとで湧き出す地下水は非常に好評で、遠方からわざわざ汲みに来る人もいます。

 

そうした地下水は健康維持や調理に活用され、多くの人々に愛されているのです。
一方で、地盤沈下や工事現場での地下水被害など、厄介な存在としても認知されています。

 

地下水とは人間にとって善なのか悪なのか、メリットとデメリットはどうなっているのか調べてみました。

 

ここではメリットとデメリットを中心に地下水の存在を見てみます。

 

 

地下水のメリット

 

地下水のメリットで真っ先に挙げられるのが飲み水としての利用方法です。
富士山の湧き水など、地下から湧き出す水はひんやりと冷たく、非常においしい飲み水で有名です。
成分も優れており健康にも良いとされる地下水は、まさに自然の恵みです。

 

都会にはありませんが、山が近い田舎へ行くと井戸水を利用する家庭もあります。
地下水をくみ上げて利用しており、基本的には無料で使用出来るメリットがポイントです。
また、地下に存在しているので気候による水温の変化がありません。
夏場にぬるい水が出て来ることが無く、常に一定の温度で使用出来るのもありがたい部分です。

 

他にも、地下水には塩素が含まれていないので臭いが気になることも無いでしょう。
断水による影響も受けないので安定した利用が可能です。
地下水は自然の恵みであり、節水の観点から見ても優れています。

 

 

地下水のデメリット

 

地下水のメリットとして飲み水での利用方法を挙げましたが、場合によってはデメリットもあります。時にはピロリ菌が含まれており飲み水に適さないケースがありますし、有害な物質が含まれていることも多いです。
地下水だからきれいで安全という概念は持たないようにしましょう。

 

デメリットには、地盤沈下という怖い側面も存在しています。
地下水が溜まるとそこの部分は空洞に近い状態になります。
その場所の上に住宅が建てられたり、道路が走っていたりすると、ある日突然地盤沈下で大穴が空く恐れがあるのです。怪我で済めば良いですが、下手すれば命に関わる大事故となるでしょう。

 

また、大量の地下水が湧き出すことによって、周囲一帯が水浸しになる状況もあります
これも地下水のデメリットで、地下を持つ自宅は非常に危険です。
壁から水が染み出して来て地下の物置が水溜りになることもあるのです。
マンションの地下駐車場が浸水により使用不可になる事例も報告されています。

 

地下水は自然に出来たものなので、人間に必ずしも都合が良いとは限らないのを覚えておきましょう。

 

SPボタン