凍結時に熱湯をかけると急な温度差によって破裂する場合があります。

水漏れ・水道修理の相談室のロゴ

凍結時に熱湯をかけると急な温度差によって破裂する場合があります。

水道修理業者ランキングのロゴ
MENU
  • 全国対応の大手水道修理業者
  • 東京23区の水道修理業者
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 全国対応の大手水道修理業者
  • 東京23区の水道修理業者
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル

水道管が凍結・破損した際の対処法と予備知識まとめ

水道管が凍結・破裂したら、症状に応じて適切な対応をしてください。誤った行動を取ると不要な修理費用を自己負担したり、平凡な凍結をキッカケに水道管が破裂したりする2次災害に発展する恐れがあります。水廻りのトラブルで多い水道管の凍結・破裂に対して事前に知っておきたい予備知識をまとめています。

もし水道管が凍結・破裂したら

破裂した水道管

水廻りのトラブルで多いのが、水道管の凍結と破裂です。
水道が使えなくなってしまうのであまり起きてほしくないトラブルですよね。

 

さらに、いずれのケースでもそのまま放置したり誤った方法で対処したりすると状況が悪化してしまいます。

 

水道管が凍結・破裂したら症状別に適切な対処をしましょう。

 

最初にやることは?

水道管が破裂した場合は、水漏れの有無を問わず止水栓を止めて、すぐに業者を呼びましょう
破裂した場所によっては水漏れが起こらないケースもありますが、キッチンやトイレから下水が逆流してくる恐れもあります。

 

凍結した場合は、時間に余裕があるのであれば放置して日中の気温上昇で自然に溶けるのを待つのが理想です。

 

少しでも早く対処したい場合は、蛇口を少し開けたりお湯やドライヤーで温めたりする方法がありますが、適切な方法で対処しないと寿命を早めたり、破裂による2次災害に発展したりする恐れがあります。

 

水道管の破裂は相談先を見極めることが大切

水道管が破裂すると、多くのケースで大きな水漏れが起こり家の中が水浸しになります。
突然のトラブルでパニック状態になる方も多いですが、止水栓を閉めて水道を止めたら、冷静になって適切な相談先を見極めましょう

 

水道が破裂した際の連絡先は以下の通りです。

  • 持ち家の専有部分の水道 → 自費修理(念のため火災保険を確認)
  • 賃貸住宅 → 管理会社や不動産仲介会社、大家に連絡
  • マンションの共有部分 → 管理人、管理組合等へ連絡
  • 敷地外(道路など) → 役所や地域の水道局へ連絡

 

水道管の破裂は状況に応じて修理責任を負う者が変わります
パニックになって冷静な判断ができないと、本来は自己負担なしで対処できるものを実費修理させられるケースもあります。

 

水道管が破裂したので業者に電話する女性

上記の例はあくまでも原則です。
たとえば賃貸住宅の場合は水道設備のトラブルは大家負担になり、管理会社に指定された業者を呼ぶルールがあることも。

 

しかし、夜間など緊急性を要する場合は自分で深夜対応できる水道修理業者を呼んで、領収書を取っておけば請求可能です。
症状や時間帯など、状況に応じた適切な相談先がありますので、焦らずに対応しましょう。

 

凍結した際に熱湯をかけるのはNG

凍結した水道管に熱湯をかけると急激な温度差によって破裂させる恐れがあります。

 

凍結に早く対処するために温める方法は効果的ですが、お湯を使う場合は50度程度のぬるま湯を活用し、凍結している水道管の上にタオルを被して優しく温めるようにしましょう。

 

ほかにもドライヤーやカイロを使うなど、少しずつ溶かす方法もあります。
室内の水道が凍結した場合は、エアコンやストーブなどの暖房器具を使って部屋全体を温めてあげましょう

 

寒さの厳しい地域では、毎日のように一部の水道管が凍結しているお宅を散見します。
凍結による不具合は時間が経つと解決しますが、凍結すると水道管に大きな負担がかかり破裂の原因になります。
凍結の恐れがある場合は、事前に予防を講じて水道管を凍結させないように心がけましょう。

 

 

 


TOP MENU