下水処理場で高度処理や消毒された下水は河川や海に流れていきます。

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

下水処理されるまでの過程

私たちがトイレやお風呂などで使用した後の生活排水や、工場排水や雨水は下水管を通って下水処理場に流れていきます。そこでさまざまな手段を使ってきれいに処理され、河川や海に排出されます。

下水が綺麗になるまでの流れ

生活排水の流れる下水管

私たちが使用したトイレの水、お風呂で使用した水、お皿を洗った水などの「生活排水」は下水に流れていきます。
これは当たり前の事ですが、この下水がどのような処理をされて処分されているかご存知の方は少ないのではないのでしょうか?
ここでは排水口から流れていった生活排水が下水となり、その後どのような道筋を経て処分されていくのかをご紹介します。

 

下水が歩む道のり

生活排水、工場排水、雨水などの排水は「下水管」に流れて下水処理場にたどり着きます。
この下水管には全ての排水をあわせて運ぶ「合流式」と、排水と雨水を分けて排水を下水処理場に、雨水を河川や海に運ぶ「分流式」があります。
都市の多くは「合流式」の下水管が使用されています。下水管は水が流れやすいように傾きをつけて地中に埋められています。
しかし、傾きをつけすぎると地中深くなってしまうので、所々に「ポンプ場」を作り、下水をくみ上げています。

 

このようにして下水処理場に運ばれた排水は、河川や海に流す為にきれいに処理をされます。
きれいに処理する方法は、まず「沈砂池」や「沈砂池」に運ばれ大きなごみや砂などを機械で取り除き、その後「反応タンク」に運ばれ、バクテリアなどの微生物を利用して下水の汚れを食べてもらいます。
汚れを食べた微生物は重くなり沈みます。それを「最終沈殿池」に流す事できれいな水と微生物を分ける事が出来ます。
その後、高度処理や消毒施設できれいにされたあと、河川や海に流れていきます。また、工業用水やトイレの水などに使用されることもあります。
沈殿池などで沈殿した微生物などの汚泥は、汚泥処理場に送られて再利用されます。例えば植物の肥料、セメント、煉瓦などの材料に使用されます。


SPボタン