水道管が凍結した場合は業者を呼ばずに対応した方がいいでしょう

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

ケース別!水道管破裂・凍結の修理費用相場をリサーチ

水道管が破裂した時の修理相場は2~3万円です。壁や床に手を加えないといけない状況だと修理費用が高額になります。凍結した場合は、業者を呼んだ有償作業ではなく、家にある物を使った方法で解決できます。不安があれば電話相談をするなどして対処しましょう。

水道管の修理費相場

凍結した水道管

水道管が破裂した場合の修理費用相場は、手が届く範囲の水道管であれば、大半のケースで2~3万円程度です。

 

水道管が破裂すると大きな水漏れが起こる大惨事になりますが、すぐに止水栓を閉めて修理業者を呼べば、大半のケースで大がかりな修理に発展しません。

 

凍結の場合は、基本的に水道修理業者を呼ばずに解決できるので費用はかかりません。
水道管の破裂・凍結に関連した修理費用の相場を調べた結果をご覧ください。

 

 

一般的な水道管の破裂修理

水道管が破裂した場合は基本的に水道管そのものを新しく交換します。

 

水道管は細かく分割した物を組み合わせているので、破裂した部分の水道管だけ交換すれば対処できます。

 

部品代も安く、プロであれば30分前後で水道管の交換作業ができます。
実際にかかった費用事例を集めてきました。

 

ケース1

出張料(基本料金):5,000円
水道管交換作業:7,000円
部品代:6,000円
合計:1万8,000円

 

ケース2

出張料(基本料金):5,000円
深夜割増:3,000円
水道管交換作業:5,000円
部品代:10,000円
合計:2万3,000円

 

ケース3

出張料(基本料金):8,000円
水道管交換作業:10,000円
部品代:10,000円
合計:2万8,000円

 

破裂した状況に応じて料金が変わるだけではなく、対応してもらう業者によって1万円前後の差が出ることがあります。

 

水道管が破裂すると慌てて業者を選ぶ方が多いですが、止水栓を閉めたら冷静になって修理業者選びを慎重に行ってください。

 

 

高額な修理代が発生するケース

水漏れしている排水管

家庭の水道管破裂で多い症状は、キッチンや洗面台など普段から良く使う蛇口の周辺です。

 

高額な修理が発生するケースで多いのは給湯器の水道管など、壁や床の中に隠れている部分です。

 

壁や床を解体もしくは穴を開けないと作業できないケースでは、水道管の交換とは別にかかる付随費用の負担が大きくなります。

 

壁や床を完全に取り外さないといけない場合、状況に応じて2日以上の作業が必要です。

 

 

作業期間が長くなり、壁や床に対しての施工も増えれば、数十万円以上の修理費用がかかります。

 

また、破裂する水道管の多くは経年劣化による影響なので、破裂する前から滲む程度の水漏れが起こっているケースも多いです。

 

結果的に破裂した水道管周辺の床や壁は、既に腐敗が進んでいることも多く、床材・壁材を新しくすれば、さらに修理費用は高額になります。

 

 

凍結の修理費用は?

凍結はなるべく水道管に負荷をかけずに溶かすしか対処法がありません。

 

水道修理業者を呼んでも、ぬるま湯やドライヤーなど家庭にあるもので温める程度しかできず、時間がかかれば修理代も高額になります。

 

基本的に凍結の症状で出張による有償修理をする業者は良心的な対応ではないです。

 

水道管が凍結して、なるべく早く復活させたい場合は、水道修理業者に連絡してアドバイスを受ける方法もありますが、問い合わせをして出張修理を提案された場合は違う業者へ相談した方がよいでしょう。

 

SPボタン