当たり前のように出てくる水は、決して天から与えられているものではありません。

MENU
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 排水管のつまり
  • エアコンの水漏れ

素朴な疑問!下水処理の仕組みはどのようになっているのか?

当たり前のように出て来る飲み水は高度な下水処理によって浄水されたものです。家庭から出た汚水は下水道を通り最終沈殿池へと運ばれて行きます。下水処理の仕組みを知り、きれいな水が飲めることに感謝する気持ちを持ちましょう。

下水処理の仕組み

 

下水処理について

 

水道からきれいな飲み水が出て来るのは、日本にある素晴らしい下水処理の仕組みのおかげです。

 

下水と聞くと汚いイメージを抱きますが、その汚水をきれいに浄化しているシステムがあるのを知らなければなりません。

 

雨水や家庭から出た汚水は下水を通って下水処理場まで流れて行きます。
その下水を飲めるように浄水するのが下水処理場です。

 

おいしいきれいな水が飲めるのは下水処理のおかげです。
雨水を飲んで喉の渇きを潤す必要が無いのも下水処理があるからなのです。

 

普段は気にしない下水処理の仕組みを理解して、水のありがたみを再確認してみましょう。

 

 

水がきれいになるまで

 

家庭から出た汚水や雨水、工場からの排水はすべて下水を通ります。
そして下水道を通り沈殿池へと送られて行くのです。沈殿池で大きなゴミや砂などが取り除かれた下水は、汚水ポンプを通って最終沈殿池へと辿り着きます。

 

この時点ではまだ飲み水としては適していません。
この状態では大きなゴミが無いだけの濁った水でしかないのです。

 

そこで、この状態の水に活性汚泥を加えて大量の空気を送り込みます
活性汚泥は下水の汚れを食べる働きをするため、徐々に大きな塊へとなります。
大きな塊になると重みが発生し、徐々に水の底へと沈んで行くのです。

 

次は反応タンクという場所で大きな塊になっている活性汚泥をゆっくりと流します
そうするとさらに水の底へ沈んでいくため、きれいの水と汚れが完全に分離されるのです。

 

まだまだ下水処理は終わりません。
ここからきれいになった水を消毒するのです。
消毒施設は塩素混和池と呼ばれており、水を飲める安全に飲める状態にします

 

そして最後は河川や海へと放流され、地球へと返却されるのです。

 

汚れた水は実に様々な工程を経てきれいに浄水されています。
優れた下水処理をしているからこそ河川や海へ放水が可能なのです。

 

 

活性汚泥の汚れ

 

下水をきれいにする過程で発生した汚泥は、きれいな水とは分離されています。
この汚泥もしっかりと処理されているのです。

 

まずは濃縮槽によって汚泥に含まれる水分が徹底的に取り除かれます
脱水機も使用して、薬品も加えて水分が無くなるまで搾り取るのです。
そうして残った固形物は脱水固形と呼ばれ、完全に乾いた汚れの塊となります。

 

脱水固形は下水処理場にある焼却炉で燃やされ灰にしてしまいます。
灰は建設資材の材料などに再利用され、無駄が出ないようになっているのです。

 

下水処理は極めて高度な技術で出来ており、そうした見えない技術に飲み水は支えられています。
当たり前のように出て来る水は、決して天から与えられているものでは無いことを認識しましょう。


SPボタン