ドレンパンやドレン管のつまりに要注意!エアコンの水漏れ原因

水漏れ・水道修理の相談室のロゴ

ドレンパンやドレン管のつまりに要注意!エアコンの水漏れ原因

水道修理業者ランキングのロゴ
MENU
  • 全国対応の大手水道修理業者
  • 東京23区の水道修理業者
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル
  • 全国対応の大手水道修理業者
  • 東京23区の水道修理業者
  • トイレの水漏れ修理
  • 台所・蛇口の水漏れトラブル

エアコンの水漏れトラブルはつまりが原因?エアコンの種類と水漏れ原因

エアコンは家庭用ルームエアコンと業務用エアコンとに分かれます。エアコンの構造を知り、水漏れや水トラブルの原因になっているのは何かを解説します。

エアコンの種類と水漏れ原因

家庭内での水漏れトラブルは、給水管や排水管だけで起こるのではありません。
上下水道をつなぐ管だけでなく、他の場所でも水漏れが起こることがあります。

 

それは、室内の温度や湿度を調整するエアコンです。

 

ここでは、エアコンの種類とエアコンの水漏れには、どんなタイプのものがあるか、エアコンの水漏れの原因は何かを解説します。

 

家庭用ルームエアコン

私たちの家に備え付けられているエアコンは、いわゆる家庭用に展開されているルームエアコンと呼ばれているものです。

 

正確には、「窓型」と「セパレート型」がありますが、一般的にルームエアコンとして認識されているのは、室内機と室外機で構成される「セパレート型」です。

 

業務用エアコン

業務用エアコン

業務用のエアコンは、ビルや商業施設・公的機関など、ある程度の規模の建築物の中で使われることが多いのが特徴です。

 

天井埋め込みタイプのものがほとんどで、家庭用ルームエアコンに比べて、長時間使用に耐え、馬力も高いのが特徴です。

 

エアコンの原理

エアコンにおける水漏れの原因を探るには、エアコンがどのような構造で動いているのかを知る必要があります

 

エアコンは、室内の温度を調整する役割を持った電化製品です。

 

真夏の暑い日に部屋の中を冷却し、寒い冬には部屋を暖めることが可能なエアコンは、現代の人間にとってかかすことのできない必需品です。

 

しかし、なぜそのようなことが可能なのでしょう。

 

それは、水が蒸発するとき(気体にかわるとき)に、周囲から温度を奪う気化熱(潜熱)を利用しているからです。

 

室内機の熱交換器を通して室外機のコンプレッサー(圧力機)に送られます。
フロンガスという冷媒により、高圧気体となって、凝縮器により液体となります。

 

膨張弁を通してそれを蒸発させ、冷気となって室内機のファンモーターによって送風されます。

 

このように、エアコンの中は蒸発と圧縮を繰り返しているので、水が溜まったり、液状化したものが溜まりやすい性質をもっているのです。

 

また、冷却には結露がつきものです。
エアコンは、水漏れのリスクを背負った電化製品といえるでしょう。

 

エアコンの水漏れの原因

室内機のドレンパンは、ドレンホースに繋がっており、そこから不用な水が排水されるようになっています。

 

このドレンパンが汚れていたり、ドレンホースがつまっていたりすると、正常に室外に排出されずにエアコンから水が出てきたり、思わぬところから水漏れが起こります

 

また、雨など、外部からも、設置不良やホースを通している穴のパテが不十分で隙間から水が侵入してくる場合があります

 

また、ドレンホースや循環パイプを化粧管で覆っていない場合は、外部からの劣化が早く、管や銅管がむき出しになる場合があります。

 

中の銅管の露出だけでなく、気体の通り道が開いてしまうと、水漏れだけでなく、エアコン本来の仕事ができなくなるため、早急な処置が必要になります。

 

ドレンホースの交換・つまりの解消のやり方

 

SPボタン

TOP MENU