オーナー側負担になる条件と交渉方法

借家で発生した水漏れは管理会社へ相談

マンションやアパートなどの賃貸では初期対応が肝心です。管理会社やオーナーに相談してどう対処するのが良いか確認しましょう。水漏れの原因によっては管理会社やオーナーが修理費用を負担してくれます。

賃貸物件での費用負担

賃貸物件の水道修理費用について

マンションやアパートの賃貸物件で水漏れが起こってしまう場合があります。

この時、入居している人は管理会社やオーナーへ相談するのが一般的です。
些細な水漏れであれば自分で直接水漏れ修理業者に連絡して直してもらうのも手ではあります。

しかし、今後のトラブルを未然に防ぐためにも管理会社やオーナーへ相談するのが一番です。

水漏れの原因が蛇口の劣化によるものであれば、修理費用は管理会社やオーナーの負担となります。

部屋を貸している側は、室内の設備がしっかりと整備されている状態にしておかなければならないからです。

簡単な修理でも1万円前後の費用が発生するので、管理会社が負担してくれるならそれに越したことはありません。
ただし、賃貸契約によっては受け付けてもらえない場合もあるので注意しましょう。

もしかしたら提携する修理業者がいるかも?

マンションやアパートは特定の水漏れ業者が管理している場合があります

その場合、別の業者に入られるよりも慣れ親しんだ業者に頼む方がスムーズに修理が終わります
だからこそ、管理会社やオーナーへ相談するのが一番確実なのです。

基本的に、水漏れの原因が部品の劣化によるものであれば管理会社などに修理費用を負担してもらえます。
これは適切な状態に保っていない管理側の責任だからです。

一方で、蛇口などを無理な使い方によって破損させてしまった場合は、自己負担になることが多いです。
管理側ではなく入居者側の使用方法が誤っているからです。

深夜にトラブルが発生したら…

夜間の水漏れで緊急を要する場合は、管理会社ではなく水漏れ修理業者に直接連絡するのが良いでしょう。その場合は業者に水漏れの原因を書類に残してもらうと良いです。
部品の劣化が原因なのであれば、修理費用を後から管理会社やオーナーへ請求出来るからです。

ちなみに、水漏れがひどくマンションの階下へ被害が及んだ場合は深刻です。家電などが壊れてしまったのであれば弁済の義務が発生します。時には数十万円の支払いが必要になるので、水漏れを甘く見てはいけません。

そうした不慮の事故を避けるには保険に入っておくのが安全です。
全額を保険で補えれば負担は無いに等しくなります。

トイレ、お風呂、洗濯機、キッチン・・・。水が関わる場所は多岐に渡ります。
いつどこから水漏れが発生してもおかしくありません。
「被害に備えて保険に入る」「緊急時にどこへの業者へ連絡するのかメモしておく」などの準備をしておくと良いでしょう。

管理会社やオーナーとトラブルになることも少なく無いので、水漏れが起こる前から対応方針を確認しておくのも悪くありません。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者