必ず作業前に修理費用見積りを貰いましょう。

相場から外れた高額業者は注意

水漏れ修理業者の費用相場は、簡単な修理なら約1万円程度ですが、高額な部品や大規模な工事が必要な場合は1~3万円以上の費用が掛かります。

修理費用相場と部品代

生きる上で欠かせない物、それはです。
どんな環境であれ飲み水は欠かすことが出来ない必須のものとなっています。

一軒家であろうとワンルームであろうと、水道は必ずと言って良いほど室内に備わっています。
そんなある種の生命線である水道から水漏れしてしまったら由々しき事態となるでしょう。

いつ発生するか分からない水漏れに、何の対策や準備もしないのは危険です。
何が起こっても対応できるように水漏れの対策や費用の相場を知っておきましょう。

蛇口周り

まずは、一般的な蛇口周りの修理費用の相場からです。

蛇口周りの水漏れでよくあるのは、ゴム製のパッキンが劣化して起きる水漏れです。

これはパッキンを交換するだけで済むので比較的簡単な修理で済みます。
作業費は3,000~5,000円ぐらいで、そこに出張費が加えられて8,000円~1万円程度になります。

水漏れが発覚した場合は、とりあえず水道の元栓を閉めるのも忘れてはいけません。
蛇口から水漏れしている状態を放置すれば、高い水道代を請求されてしまいます。

どんな状況であれ、まずは元栓を閉めてから業者へ連絡するようにしましょう。
素人が自分だけで修理しようとするのは無謀なので、未経験の場合は専門家へ任せるのが一番です。

トイレや浴室

トイレと浴室の修理費の相場と部品代

トイレや浴室になってくると、修理費用の相場は少し高くなります。
こちらも蛇口と同様にパッキンの交換のみで済むなら、費用は5,000円~1万円に収まるでしょう。

しかし、部品の劣化などが原因の水漏れは部品を交換しなければなりません。
そうなると、交換する部品によっては1~3万円以上の費用が発生します。

壁や床下にある部品を交換する場合や、大規模な修理が必要なケースだと費用はさらに増えてしまいます。

簡単な修理で済まないと分かった時点で、必ず業者から費用の見積もりをもらうようにしましょう。
悪質な業者は修理が終わった後に高額な費用を請求してくるケースがあります。
無知に付け込む悪質な行為なので、未然に防ぐためにも必ず見積もりを請求してください。

基本的に、簡単な部品の交換だけなら出張費を含めて1万円以内に収まるでしょう。
配管を交換や複雑な部品の交換になると、1~3万円程度になります。

この相場を覚えておき、必要以上に高額な修理費用を払わないようにするのが最善です。

浴室のトラブルは高額になりやすい?

浴室ではシャワー・ゴム栓・バスタブ等の水漏れトラブルが特に多く、そのほとんどが経年劣化によって引き起こされています。
シャワーホースの交換は作業料1万円前後+部品代3,000~5,000円が相場ですが、本体はホームセンター等で安く購入できるためDIYで済ませるというのも一つの手です。

バスタブのゴム栓から水漏れしている場合も大抵は経年劣化です。
部品代が1,000~3,000円程度必要となり、業者の出張サービスを利用した場合は基本料金や作業料金(8,000円~1万円)が上乗せされます。

バスタブからの水漏れは浴槽そのものが劣化している(ひび割れが起きている・穴が開いているなど)可能性が高く、この場合はバスタブ交換をしないといけません。
簡単に壊れるものではないので、バスタブ本体が破損して水漏れした際はユニットバスを丸ごとリフォーム(交換)する方が多いです。

給湯器

ボロボロになった給湯器

一般家庭の水漏れトラブルで意外に多いのが給湯器です。
屋外に設置されているため、症状に気付きにくいので注意しましょう。

給湯器の水漏れはパッキンやセンサーなど小さな部品の劣化や故障が原因のケースが多く、部品代1,000~5,000円+作業料の総額1~2万円程度で直すことが可能です。

しかし、給湯器は8~10年が寿命で水漏れトラブルの大半は相応の経年劣化をしています。
給湯器から水漏れをしている場合は、給湯器本体の交換を検討しましょう。

部品代と工賃を含めた総額の目安は以下の通りです。

追い炊きなし:5~10万円
オートタイプ(通常):10~25万円
オートタイプ(エコジョーズ):15~35万円

機能と号数によって料金は大きく変わります。
給湯器はメーカー希望小売価格より大幅に割引された価格で流通しているので、3割引や4割引程度の値引きでは割高です。

見積を取る重要性

水道修理費用は、不具合の症状によって大きく変わります。
パッキン交換であれば総額で8,000~1万円など相場がはっきりしていますが、業者を呼んで思わぬ不具合が発覚すると高額な料金がかかります。

原因と修理内容を完璧に把握できていないのであれば、見積まで無料対応してくれる修理業者を使うとよいでしょう。
簡単な修理で済まないと分かった時点で、必ず業者から費用の見積をもらうようにしてください。
作業を開始してから追加料金が発生する可能性も確認しておくと安心です。

悪徳業者は修理が終わった後に高額な費用を請求してくるケースがあります。
無知に付け込む悪質な行為なので、未然に防ぐためにも必ず見積もりを請求してください。

業者によってはキャンペーンで割引きをしているケースもあるので、余裕があるならそうした情報を調べるのも良いです。

出来ることなら水漏れが起こってから業者を探すのではなく、事前に良心的な業者を見つけておくのがベスト。 事前に情報を探すことで、水漏れの修理費用の相場も分かって来るものです。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者