水漏れ・水道トラブルなら全国対応業者BEST3
大手水道修理業者一覧
RECOMMENDATIONS

大手の水道修理業者10社まとめ
悪徳業者への対策法も紹介

おすすめ水道修理業者【10選】-水漏れ・トイレの詰まりを解消

昔から悪徳業者が蔓延ることで有名な水道修理業界ですが、優良会社の判断と万が一悪徳会社に捕まってしまった際の対処方法を解説します。当事者間の解決に限界を感じたら警察・消費生活センターに助けを求めるのも一つの手段です。

WARNING水道局も警告する悪質修理業者

今に始まった話ではありませんが、水道修理業界には多くの悪質業者が蔓延ります。
「水が溢れる・漏れるという差し迫った恐怖」と「客側の水回り設備に関する知識不足」を逆手に取り、詐欺的手口で高額請求をする手法です。

実は、東京都水道局の公式HPでも注意喚起されており、深刻な問題となっています。
具体的な被害内容は次のとおり。

  • パッキン交換のみで完了するにも関わらず、部品交換や新型設備へのリプレイスを提案され、高額修理になる。
  • HPやチラシには「◯,000円~」と魅力的な価格を提示しておきながら、実際には「出張費が◯千円、部品代が×千円、深夜割増が△%で…」と提示価格を大幅に上回る修理代を請求される。
  • 電話時の概算見積と現地調査後の見積に大きな差があったため、断ろうとしたら「既に出張で経費が発生している!」などと喚かれ、押し問答になる。
  • トイレや洗面台などが古く、部品が無いため新品に交換するしかないと提案される。
  • 関係ない部分の劣化を指摘され、交換を奨められる。(トイレの水漏れで来たのに給湯器の交換を提案されたなど)

事例を挙げればキリがないですが、概ね不必要な修理を行い修理代金を上積みするか、出張費や部品代などそれらしい名目で表示価格に追加していく方法で攻めてきます。

知識不足とその後の報復行為を恐れ、言われるがままに契約してしまう方もいますが、少しでも「ちょっとおかしくない?」と感じたら毅然とした態度で対応することが重要です。

TRUST信頼できる会社を選ぶには?

では、信頼できる会社を選ぶにはどうしたらよいでしょうか?
少なくとも次の3点を確認してください。

①:見積金額

「電話相談時」と「作業開始前」の2段階で、具体的な金額を提示してもらうよう徹底しましょう。
まともな水道修理業者なら年間数千・数万件の事案に対処しているので、電話で状況や機器形状を伝えるだけでおおよその原因と費用見積ができます

水道は自動車や家電と比べて圧倒的にシンプルな構造です。

水漏れの多くはパッキンと呼ばれるゴム部品が劣化して水が漏れたり、サビによる配管破損が原因ですし、つまりであれば流してしまったモノを伝えれば非分解or脱着必要を判断できるでしょう。

いずれにしても電話時点で「現場を見るまでは何とも言えませんね~、とりあえずお伺いします」と言って、概算金額を伝えない業者は危険です。

また、作業開始前にも必ず最終見積をもらうようにし、金額に納得してから作業をスタートさせるようにしましょう。

優良店であっても実際に現場を見たら

  • パッキンだけでなく蛇口そのものが劣化していた
  • ヒューズ交換で済むと思っていた給湯器故障だったが基盤交換が必要になった

など不測の事態はあるからです。

この時点で高額な部品交換を提案されたら、自身の目で交換部分を確認します。
いくらあなたが素人であろうと、明らかに交換が必要である部品(破裂していたり、サビで腐食していたりなど)を見れば納得できるはずです。

逆に、本当に交換が必要であるか疑問なレベルであれば、応急処置的な対応は可能か?と、低料金で対処できる方法を提示させるか、ひとまず修理を保留する方がよいでしょう。

②:キャンセル規定

①のやり取りで、見積金額に納得できない場合、依頼は「キャンセル」となります。

ただ、出張対応が前提の水道修理業界ではこれが曲者…

実はキャンセル規定に関しては会社によってマチマチで、出張後現地見積結果に応じて「キャンセル無料」としている会社がある一方で、事務所出発後のキャンセルは全額(若しくは一部)の支払い義務が生じるところもあります。

キャンセル料を請求する会社が全て悪徳とは言いません。

実際に、限界まで低料金化するためにこのような仕組みを採用しているサービスもあるからです。

しかし、顧客の立場としては必ず電話問い合わせ時にキャンセル規約を確認するべきです。

キャンセル無料を明示している会社に関しては、事前見積と大幅にズレることが無く(会社としてもキャンセルによる損失は避けたいため)より、信憑性が高いと判断できます

③:運営会社

3つ目は運営会社です。
水道修理業者は1人で運営している個人事業規模のものから、一部上場の大手まで存在します。

一概にどちらが良いとは言い難いですが、大手であれば一定のサービス品質が担保されているというのも事実です。

水漏れ修理等、訪問系修理業の多くは「協力店制度」が一般的で、大手と言っても受付だけで実際に自宅に来るのは委託(協力)業者です。いわゆる下請け会社ですね。そのため、全てのパターンで最高の人材が送られるかと言えば、当たりハズレはあります。

ただし、万が一クレームに発展するような作業や請求を行えば真っ先に親会社に連絡が行くことになります。クレームが重なると最悪の場合、協力店契約の解除に発展する可能性もあり、これを恐れているのが実態です。

つまりは、重大な失敗や不当請求が許されないため、悪意を持った営業を受ける確率が圧倒的に低いのです。
付き合いの長い業者や知人紹介など、余程信頼をおけるところでなければ大手サービスを選ぶことを推奨します。

COMPARE大手水道修理サービスを強みで比較

水の救急サポートセンター

水の救急サポートセンター
到着時間 最短20分
料金(税込) 4,400円+作業費
受付時間 8:00~23:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 2007年より15年
水の救急サポートセンターの特徴

北は北海道~南は沖縄まで日本全国を網羅する「水の救急サポートセンター」です。
※給湯器交換など高度な作業は非対応エリア有

年間約5万件の施工実績を持つと共に、作業費は全45項目に渡り明確に公開されているため、料金のバラツキが無く安心して依頼できます。

また、キャンセル料金「完全無料」を明示しており、万が一見積金額に納得できなければその場でキャンセル可能
もちろんキャンセルさせるための制度ではなく、料金と対応に絶対の自信があるからこそ導入された仕組みです。

水の救急隊

水の救急隊
到着時間 最短15分
料金(税込) 5,500円~+作業工賃+部品代
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 18都府県
運営実績 2001年より21年
水の救急隊の特徴

創業21年の実績を持っているのが「水の救急隊」です。

作業工賃と部品代が別途請求される場合がありますが、軽作業で済んだ際には基本料金5,500円だけで対応してもらえるとのこと。

スタッフの教育に力を入れているようで、訪問時にはスタッフの顔写真と水道局指定工事番号記載の身分証を提示することを約束しています。
更にはお客様相談室も設けられており、クーリングオフ制度への言及もあります。

水道修理サービスの契約形態からして、クーリングオフが適応されるものがほとんどですが、利用者の認知度はまだまだ高くありません。こういった点をしっかり明記しているのは頼もしいのではないでしょうか。

住まいる水道

住まいる水道
到着時間 最短20分
料金(税込) 5,500円
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 非公開
住まいる水道の特徴

24時間365日、緊急出動に応じている住まいる水道は、「1円でも安く」をモットーとして掲げている水道修理業者です。

見積もりや出張にかかる費用が無料で、作業料金が5,000円以上の場合には3,000円割引が可能なキャンペーンも実施しています。

作業後1年~3年の補償と無料点検も行っており、万が一の不具合が起きたとしても安心して依頼できるのではないでしょうか?

なお、法人向けサービスも積極的に行っているため、個人以外の方も気軽に利用できます。

水道救急センター

水道救急センター
到着時間 最短30分
料金(税込) 5,500円+作業費
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 関東/関西/東北/東海/北陸
運営実績 2008年より14年
水道救急センターの特徴

株式会社ライフサポートが運営する「水道救急センター」は、水道局指定業者(第7997号)であるとともに、一級建築士事務所でもあります。

企業規模が大きいだけでなく、建物全体の構造を理解した組織である点は安心材料の一つではないでしょうか。

料金は基本料金5,500円+作業費となりますが、5,500円割引キャンペーンが適用されるため、軽度の詰まり程度の作業であれば1万円以下で作業してもらえるはずです。

以前は10都府県のみ対応でしたが、今は対応エリアは東北4県(宮城/福島/山形/岩手)、関東5都県(東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城)、東海北陸5県(愛知/岐阜/石川/富山/三重)、関西5府県(大阪/兵庫/京都/奈良/和歌山)の19都府県でサービスが受けられるようになりました。

クラシアン

クラシアン
到着時間 最短30分
料金(税込) 8,800円
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 1991年より31年
クラシアンの特徴

「安くて早くて安心」のCMでおなじみの、業界最大手の水道修理業者がクラシアンです。

チェーン店における、トイレのトラブル解決料金の基準が8,800円になったのは間違いなく同社の影響ではないでしょうか。
全国に数多くの拠点を持つため、どんな場所にお住まいでも出張修理を行ってもらえるはずです。

水道トラブルといえばまっさきに思いつくほどの知名度を持つため、対応力やサービス力は総じて高い傾向にあります。
もし利用する水道修理業者に迷ったのであれば、まずクラシアンを検討してみてください。

水道の修理屋さん

水道の修理屋さん
到着時間 最短10分
料金(税込) 319円~+部品代
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 12都府県
運営実績 非公開
水道の修理屋さんの特徴

最低作業料金319円が特徴的な「水道の修理屋さん」は、東京都や大阪府、愛知県、福岡県を始めとする12都府県で活躍しています。

最短30分で駆けつけ可能国内の主要なクレジットカードが使えるというのも嬉しいポイントですね。
見積りや出張費用は無料なので、お住まいが対応エリア内であれば充分検討する価値があります。

展開しているのが12都道府県だけというのが不思議なほどの対応力を持つ業者です。

クリーンライフ

クリーンライフ
到着時間 15~60分
料金(税込) 3,300円~
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 非公開
クリーンライフの特徴

クリーンライフは、全国47都道府県に対応する水道修理業者です。
年中無休・24時間対応のため、他社が営業していない時間帯のトラブルにも対応できるかもしれません。

最安料金は3,300円となっていますが、公式サイトの施工事例を見る限り1~4万円程度が相場のようです。
出張見積やキャンセル料は無料ですので、とりあえず故障の状態だけでも目視確認してほしいという方におすすめできます。

生活水道センター

生活水道センター
到着時間 最短20分
料金(税込) 5,000円+作業費
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 1994年より28年
生活水道センターの特徴

24時間365日対応と全国を網羅した組織力を強みにした「生活水道センター」です。

料金は5,000円の基本料金+作業費(5,000円~)となり、ミニマム1万円~となっています。
水道修理業者としてはめずらしく「早割制度」を設けており、急を要さない作業であれば最大14%OFFの割引が適用されます。

緊急の場合は、拠点数も豊富なことからスピーディーな駆けつけも強みの一つです。

水110番

水110番
到着時間 30~60分
料金(税込) 8,800円~
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 全国
運営実績 2004年より18年
水110番の特徴

全国規模&24時間受付でフル稼働中の水漏れ修理業者「水110番」は、明朗会計を宣言

「トイレのトラブル3,300円~」との記載ですが、流石にこの価格は非現実的なので確認が必要です。

例えば、高圧ポンプを使用したトイレの詰まり除去であれば、基本料金4,400円+作業料金18,700円+出張費3,300円=26,400円~となります。

作業内容と比較しても決して法外な費用ではありませんが、「3,300円~」だけを見て依頼すると想定外の事態を招くこともあります。

イースマイル

イースマイル
到着時間 30~60分
料金(税込) 8,800円~
受付時間 0:00~24:00
定休日 年中無休
対応エリア 38都道府県
運営実績 1992年より30年
イースマイルの特徴

テレビCMを放映している「イースマイル」も全国38都道府県に協力店を持つ水漏れ修理業者です。
運営歴(社歴)は1992年から27年の実績があり、技術力と教育は徹底していると考えられます。

料金は基本料金8,800円+作業費となっていますが、WEB割引3,000円が適応されるため、実質5,500円+作業費となり業界相場と言えます。

IF YOU BECOME A VICTIMもしも悪質被害にあってしまったら…

当サイトで紹介する優良サービスであればまず心配ありませんが、万が一被害にあわれた際の対応方法を記しておきます。

まずは、その場で異議を唱え、キャンセルや再度適正見積を申し立てますが、悪徳業者となれば相手もそう簡単には引きませんし口論になる可能性もあります。
この場合、当事者同士での解決には限界がありますし、自宅を知られているが故に何らかの報復をされるリスクもあります。

どうしても収拾しない場合は以下の2方法を駆使します。

警察へ連絡

明らかに業者側の不当請求であり、支払いを強要されるようであれば「警察へ連絡します」と言います

水道修理業者と言えども顧客の合意無しに無理矢理支払いをさせる行為は「恐喝」に該当します。
「これ以上強引な請求をされるようであれば、恐喝被害にあっていると通報します」と毅然とした態度で挑みます。

ここまでして相手が引かなければ実際に110番通報をします。
第三者が介入することで、請求内容の正当性を客観的に解釈できますし、支払いを拒み続ければ相手は裁判に持ち込む他ありません。

数万円程度の事案で裁判に発展することはまずありませんが、仮にそうなった場合、司法の場で支払い義務の有無とその金額が決定することになります。

消費生活センター

もう一つの相談機関が消費生活センターです。

警察に比べると法的な力を持たない機関ではありますが、悪質ビジネス対策のプロフェッショナルと言えます。
不当請求だと思えば、絶対に支払いは行わず最寄りの消費生活センターへ連絡します。

夜間であれば「納得できないから消費生活センターへ支払い義務を確認した上で必要があれば支払う」と伝えます。専門性を持つ第三者として適切な対処方法をアドバイスしてくれるでしょう。