油・髪の毛・トイレットペーパーを流し過ぎない

排水管をつまらせないためにできる工夫!長持ちさせるテクニック

排水管は毎日使用するところなので歳月が流れれば流れるほど徐々に劣化していきます。しかし普段の心掛けしだいでは長持ちさせることも可能です。

排水管の詰まり防止策

家庭の水道トラブル、キッチンや浴室、トイレなどで水漏れやつまりなどのトラブルが起こると、誰もが気が動転して非常に困惑すると思います。

「すぐに直してもらいたいけれど、誰に頼んだらいいのかわからない」
「どこの業者に頼めばいいのかわからない」
「家の近所に水トラブル専門の業者があるのかしら」
「下手に業者に依頼して、高額な修理費を請求されないだろうか?」

さまざまな思いが錯そうして、緊急時に混乱状態に陥ってしまう人も多いでしょう。

そういった事態に陥らないためには、日頃から排水管の詰まりを事前に予防する策を心がけていきたいものです。

ここでは、排水管の詰まりを未然に予防する具体的なテクニックをご紹介します。

トイレ

ペットボトル

トイレの詰まりを事前に予防するために、「トイレットペーパー以外のものを流さない」「トイレットペーパーを一度に流し過ぎない」といった基本的なことを心がけるようにしましょう。

また、節水のためにロータンクにペットボトルを入れておく人がいますが、これは水の流れを悪くしたり故障の原因になったりするので、できれば控えたいですね。

キッチン

キッチンの排水口は、食べ残しや油汚れで徐々に詰まったり、流れが悪くなったりします。

シンクの排水口につまりを起こさせないための予防方法として、以下のようなものが挙げられます。

・油を排水口に流さないこと
・排水パイプ内にパイプクリーナーを流す

なお、パイプクリーナー(手軽に使える液剤)を使った後は、必ず大量の水を流すようにしてください。
小さな汚れを溶かす作用がある一方で、しっかり水で流さないと一度溶けたものが固まって大きな塊になります。

そのためパイプクリーナーを流して長時間放置する行為は絶対にやってはいけません。

また、パイプクリーナーは原則として軽微な詰まりの対処と予防で使うものです。
重度の詰まり症状が出ている場合は、パイプクリーナーを使うことで悪化させる恐れがあります。

浴室

浴室内の排水管の詰まりは、人間の髪の毛が原因だと言われています。

シャワーを浴びたり髪の毛を洗ったりすれば、毎日数十本から数百本の髪の毛が抜け落ちます。

したがって、浴室内で髪の毛を落とさない方が難しいことですが、排水口の網に溜まった髪の毛を毎日しっかりととるなどの、コツコツとした取り組みが効果的だと言えるでしょう。

また、すべての排水口に言えることですが、ヌメリやアカも詰まりの原因となることがわかっているので、排水口に漂白剤やパイプクリーナーを定期的に流すことで、ヌメリやアカの蓄積を防ぐことができます。

排水管の詰まりを事前に防ぐ、排水パイプを長持ちせたいのは山々ですが、排水パイプの中はどうしても人の目の届かないところにあるということも心得ておかねばなりません。

未然に排水管の詰まりを防ぐことに限界があるということは、隠しようのない事実です。

ただ、無理に水を流さない、必要な時だけ適切に水を扱うというメンタリティは、現代の日本人にとって重要な気持ちの持ち方だといえます。

100円グッズを活用しよう

排水パイプの詰まり防止策は100円均一ショップで売られているアイテムが役に立ちます。
水詰まりを事前に防ぐために必要なのは、髪の毛や油汚れ、食べ残しなどを排水パイプへ流さないことです。

詰まり抑制に効果的な三角コーナーや排水溝

キッチンであれば排水ネットや3角コーナー。
洗面台や浴室は髪の毛などを取る紙製のネットなどを活用しましょう。

排水パイプの詰まり原因になるものはヌメリと悪臭が発生するため、備えつけのトラップだけだと掃除するのが面倒に感じて手入れをする頻度が少なくなりがちです。

100円均一ショップで手軽に買える使い捨てアイテムを使えば、手入れの手間とストレスを大幅に軽減できますよ。
このほか、発泡系の詰まり除去剤やパイプクリーナーを定期的に使う方法がオススメです。

既に発生している詰まりを除去する場合は、100円で買える商品よりもドラッグストアやホームセンターで売られている200円以上の薬剤をオススメします。

詰まり防止を目的にした定期的な手入れでも高い薬剤を使った方がいいですが、高い商品をたまに使うよりも安い商品を小まめに使った方が高い防止効果を得られるケースが多いです。

水圧をかけた手入れ

排水パイプの詰まりは長い年月をかけて少しずつ汚れが固着していくもので、定期的に水圧をかけて洗い流せば防止できます。
分譲マンションなどの集合住宅では、定期的に業者が各住居を回って高圧洗浄でメンテナンスをしています。

また、新築マンションではキッチンにディスポーサーを設置したタイプが主流です。
既に水詰まり対策をしているマンションに住んでいる場合は問題ありませんが、戸建てや管理組合による対策がない集合住宅では簡単に真似できません。

そこでオススメの防止策が、水を溜めてから一気に流す方法とラバーカップや真空ポンプを使った手入れです。このほか、ホースを排水口に入れて水を流す方法もありますが、水が飛び散らないように注意を払ってください。
キッチンや洗面台は水を溜めてから流すだけで、普段の使い方では流れていない汚れを一気に流せます。

排水パイプに対して水圧をかける手法は詰まりが発生した際のDIYに使われるものですが、症状が出る前の防止策で実践した方が有効です。
キッチンや洗面台など、日常的な使い方では大きな水圧がかからない場所だけでもいいので、定期的に実践してみてください。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者