トラップU管、スライドレンチ、シールテープが必要なもの

キッチン・トイレ・洗面台の排水パイプの修理・交換方法

家庭における排水パイプは床下に潜り込んでいる場合にはリフォームが必要になりますが、目に見えている部分については修理することが可能です。

排水パイプの修理方法

ここでは、排水パイプの修理方法を確認します。

水漏れや水のトラブルで多いのが、排水パイプが劣化・老朽化して錆びたり腐食したりすることで、配管や床から水が漏れてしまうケースです。

洗面台や台所のシンクなどでは、排水パイプがある程度むき出しになっていることも多く、手順さえ理解していれば個人でDIY修理をすることも可能です。

しかし、床下にある配管や排水マスなどの修理に関しては個人では不可能なため、業者に依頼することが一般的です。

キッチンの流し台

キッチンの流し台の排水パイプは、シンク下に潜り込めば、交換・修理が可能な場合があります。

修理の方法には、いくつかのアプローチがあります。

①水の流れが悪い時は、パイプクリーナーで清掃。

②排水口からの臭いや悪臭が気になる場合には、トラップなどを交換。

③排水パイプに油汚れなどが付着している可能性もあるので、排水パイプやホースを交換。

④軽度の水漏れにはシールテープで対応。

洗面台

洗面台

洗面台の排水パイプの種類は多く、Pトラップタイプ、Sトラップタイプ、イナズマ管、直管などがあります。

排水パイプの分解は、スライドレンチなどを使用して、接続部のナットを開け閉めします。

排水テールやトラップU管、キセル管など、大体3分割くらいに分解できるので、水漏れなどの場所を特定してパッキンの交換や部材の交換をしましょう。

トイレ

ロータンクから便器に水を送り出すパイプも一種の排水パイプです。

最近のロータンクトイレは一体型になっていることが多く、ロータンクから便器まで一定の長さのある排水パイプがないものも多いですが、まだまだ一般家庭にはこのタイプのトイレが多いといえます。

実際に、この部分から水漏れすることは非常に多く、私の経験からしても、大学時代に住んだアパートのトイレのロータンクの排水パイプから、入居後すぐに水漏れが起こりました。

不動産会社の人が来てすぐ修理してくれましたが、トイレの水漏れとしても非常に多いといえるでしょう。

ロータンクと便器を接続する部分のパッキンの劣化やナットの緩みが原因で水漏れが起こることが多く、劣化が激しければ、パッキンを交換したり、排水パイプそのものを交換したりする必要があります。

また、一時的な応急処置としてシールテープなどで補強して水漏れを防止することもあります。

水詰まりが原因の場合

排水管の詰まりを調べるブラシ

水詰まりによる不具合は、排水パイプを分解しなくても修理することが可能です。

プロの水道修理業者へ依頼した場合も、排水パイプを分解せずに作業することが頻繁にあります。

また、排水パイプに重度の詰まりが発生していると、水が逆流して水漏れトラブルを起こすケースがあります。

「水漏れ=接続部等の緩みor排水パイプの破損」だと決めつける人が多いですが、水詰まりが原因になっている可能性を疑ってみてください。

詰まっている部分とは違う場所から水漏れすることもよくあります。

水詰まりを解消する方法

水道トラブルが起こった際は、まずは排水パイプの分解・交換以外の方法から試してみるとよいでしょう。

DIYで直す場合は「キッチンの流し台」の項目で紹介しているようにパイプクリーナーの活用がもっとも手軽です。
しかし、液剤系のパイプクリーナーは予防と初期症状の水詰まりにしか有効性がありません。

極端に流れが悪い場合や逆流して水漏れが起こっている重度の症状は、パイプクリーナー系の薬剤を入れることで症状を悪化させる恐れがあります。

重度の水詰まりを薬剤によるDIYで解消したい場合は、「ピーピースルー」という薬剤がオススメです。
ドラッグストアでは滅多に売っていませんが、大きなホームセンターや通販サイトで購入できます。

ピーピースルーは水と薬剤が化学反応を起こして、熱を伴う発泡作用で詰まりを分解・洗浄する薬剤です。

プロの水道修理業者も御用達のアイテムですが、業者が使うのは危険物扱いで一般の人では買えない業務用です。手軽に買えるタイプの薬剤は威力が弱く、対処できる範囲が限られています。

手軽にできる詰まり解消法

このほか水詰まりを分解せずに解消するには、詰まり除去用のワイヤー(ブラシ)を入れる方法と高圧洗浄、真空ポンプ・ラバーカップで吸いあげる方法があります。

詰まり除去用のワイヤーについても、一般向けの数千円で買えるものはワイヤーブラシと呼ばれる簡易的なツールなのに対して、プロが使うのは数万円から数十万円する「トーラー」と呼ばれる業務用の強力ツールです。

高圧洗浄は素人が行うと周辺を水浸しにする恐れがあるので注意しましょう。

昨今は家庭用の高圧洗浄機が普及していますが、水詰まり除去で使う高圧洗浄機は特殊なヘッド形状をしています。
真空ポンプやラバーカップを使って詰まっている汚れを吸い上げる方法は、洗面台やキッチンの流しなど平坦で小さい排水口のある水回りに有効です。

水詰まりまとめ

簡単にまとめると、水詰まりを解消するには「薬剤」、「詰まり除去用ブラシ(トーラー)」、「高圧洗浄」、「真空ポンプ・ラバーカップ」による4つのアプローチ法があり、DIYで修理する場合は高圧洗浄以外の方法をオススメします。

いずれも専用の道具を揃える必要がありますが、数千円程度で一通りの道具を揃えることが可能です。

ただし、プロが使う道具・ツールに比べると威力が弱いことを理解しておきましょう。

まずはDIYに挑戦してダメなら業者へ依頼するのもいいですし、道具を買うコストと手間をかけずに最初から業者を呼んで対処するのも悪い選択ではありません。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者