ロータンクの中身を把握!複雑だけれど恐れる必要はない。

仕組みを理解すれば初心者でもDIY可能

トイレの水トラブルに遭遇しても焦る必要はありません。一定の水漏れ・つまりは自分自身でDIY修理をすることも可能です。ヒントはインターネットやYouTubeにたくさん公開されています。

トイレのDIY修理は可能?

トイレの水漏れのトラブルや水が流れないといった事象に対して、業者に頼まずにDIY修理が可能かを考えてみましょう。

ロータンクの修理

ロータンク

例えばロータンク内の補修に関しては、ホームセンターなどでも部品が売られているため、手順さえ理解していれば、個人でもDIYで直すことは可能だと思われます。

オーバーフロー管やゴムフロートなどが劣化している場合に、それを交換・取り付けすることは比較的簡単でしょう。

ゴムフロートに関しては、手で触れたときに手が真っ黒になるなら劣化しているというサインで、交換することが求められます。

ロータンクのDIYでは、タンク内の構造が正常ならどうなっているのかをしっかり把握することが肝要です。

オーバーフロー管、ゴムフロート、ボールタップ、浮き球、レバーなど、ロータンク内は、さまざまな部品が機能しあって正常な水の供給や排水を実現します。

そのどれかに不具合が出てしまうと、例えば、ゴムフロートとレバーをつなぐくさりが錆びていたりしても、正常な使用ができないと言われています。

トイレをDIY修理するためには、どこに不具合があって、正常ならばどうなっているべきかを判断する知識が必要になるでしょう。

パソコン

幸いなことに、インターネット上でもロータンク内のDIYについて詳しく解説しているサイトや、YouTubeで作業工程が動画になっている場合があります。

これらを確認しながら作業すれば、初心者でも問題なくDIY修理をすることができるでしょう。

排水パイプの水漏れもDIYで!

また、ロータンクから便器に水が流れる排水パイプも水漏れがしやすい部分だといわれています。

この部分は、配管を交換するという作業での対応や、一時的に補修テープなどを使って水漏れを防ぐという方法もありますが、これもDIYが可能です。

個人的な体験談ですが、学生時代に入居したばかりのアパートでトイレの排水パイプから水漏れが発生しました。

不動産屋に連絡したら、不動産屋のスーツを着た社員がやってきて、補修テープを使ったDIYで応急処置的な修理を行ってくれました。

ウォシュレットの修理

ウォシュレットは電化製品でもあるため、個人でDIY修理するのは少し厳しいのではないかと思います。

もしも故障したら、速やかにメーカーに連絡して対応してもらうようにしましょう。

ウォシュレットは電化製品でもあることと、水周りにあって水害の危険性の高い製品であることにも注意して、購入時はなるべく長期保証に加入しておくことが大切です。

修理より交換?

ウォシュレットは後付けが可能で、故障した際は修理するより新品に交換した方が簡単な場合があります。
YouTubeや画像付きの解説サイトを見ながらやれば、DIYでも交換・新設できる難易度です。

ただし、給水管をイジる必要があるので相応の覚悟を持って挑戦してください。
水回りの設置系DIYでは排水がない分だけ比較的手軽にできます。
(給水工事は必要だが排水は既存のトイレへ流すので工事不要)

水詰まりのDIY

トイレが水詰まりを起こした場合は、まずは掃除用ブラシやワイヤーハンガーを分解した長い針金を使って異物の除去に挑戦してみましょう。
それでも直らない場合は、詰まり除去用のワイヤーブラシや、圧力で異物を吸い上げたり押し出したりする真空ポンプを使って対処します。
いずれもホームセンターや通販サイトで1,000円台から買うことができ、繰り返し使用可能なツールです。

水浸しになったトイレと床

道具を揃えても業者へ依頼するより安上がりになりますが、解決できないリスクに加えてトイレ内を汚してしまうリスクがあります。
水詰まりのDIYに失敗すると、最悪のケースで壁紙や床のリフォームが必要になるので注意しましょう。

プロの修理業者を呼んだ場合もワイヤーブラシ(トーラー)や真空ポンプを使うケースがありますが、業者が使っているのは数万円から数十万円以上するプロ仕様で威力が全然違います。
このほか、業者は水詰まり除去で高圧洗浄を使いますが、室内を汚さずに高圧洗浄機を使うのも熟練の技が必要です。

リスク回避を優先して無難に対処したい場合は、DIYより水道修理業者へ任せてしまいましょう。
トイレは水回りの中でも詰まり除去をDIYで対処する難易度が高いです。

まずは自分で点検してみよう

トイレのDIY修理は全般的に難易度が高めですが、不具合が発生した際はまずは自分で一通りの点検をしてみましょう。
無闇に作業するのではなく、症状をネット検索して対処法や症状別の注意点を確認しておくと安心です。

一例としてタンクレストイレの操作が反応しない不具合は、電力で制御する構造から電源の抜き差しによって簡単に解決できる場合があります。
ウォシュレットの場合は単純にリモコンの電池切れを起こしているだけかもしれません。

突然の不具合でトイレが使えなくなると焦ってしまい、家族が多い家庭や家にトイレが1箇所しかない状況だと早く直したいと思うものです。
たしかにトイレの修理はスピーディーな対応を求められますが、まずは落ち着いて簡単な作業で解決できる不具合ではないか確認・点検してみましょう。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者