給湯器修理は安ければ1万円~対応可能な業者も

給湯器の修理費用相場と新品交換費用について

給湯器の水漏れトラブルを経験して、いざ修理業者に依頼する前に事前に修理費用の相場を押さえておきたいですね。どんな見積りが来ても相場さえ知っていれば怖くありません。

給湯器修理費用の相場

見積もり2

給湯器修理の費用相場は、一体どれくらいなのでしょうか?
修理を依頼することって、あまりありませんよね。

修理の見積りを依頼するにあたって費用の相場を知らないと、法外な請求金額かどうか判断ができないので、もしものときのために、実際の修理費用の相場を知っておきたいです。

結論から言うと、修理費用の相場というのは、技術料1万円~というところが多いです。
また、それに修理で必要になった部品代がプラスされます。

その総額がどれくらいになるのかは、個々のケースによります。

配管のパッキンの交換は、比較的少額での修理が可能ですが、給湯器本体の水漏れとなると、配管の部分だけでなく、メインの電子制御基板などの交換修理になるケースもあり、その場合は、部品代と工賃で高額な修理料金となることがあります。

また、購入から7年以上経過している場合は、修理で対応するだけでなく、給湯器本体の買い換え・取り付けも視野に入れる必要があるため、その場合は、新しい給湯器の代金、取り付け工賃などの費用が掛かってさらに高額になります。

この場合も給湯器のグレードによりますが、安いモノであれば10万円弱で「本体代金+取り付け費」のパックとして展開されているものもあります。

また、給湯機能だけでなく、床暖房機能やフルオート機能も備えたハイグレードな給湯器を選択すれば、高いモノで20万円以上の料金になることもあります。

インターネット上の価格サイトで検索すれば、さらに安く、工事費込みで5万円前後から展開されている廉価機種もあり、場合によっては、修理よりも新しいものと取り替えた方が安いこともあります。

電気給湯器の料金

ガス給湯器と比べて、電気給湯器の本体価格は基本的に高く設定されています。
修理や交換のサイクルが早く訪れてしまうと、それだけ維持コストも高くつくということに注意する必要があります。

ただし、電気温水器や電気給湯器は、ガス給湯器と比べて、給湯の構造として、燃焼による配管の劣化のリスクが少ないので本体の寿命は長いのが特徴です。

複数の業者に見積りを

給湯器の修理・交換で大切なのは複数の業者に依頼するということです。

複数の業者に依頼して感じることは、意外にも見積額に隔たりがあることです。本体交換に関しては、ときに10万円以上も開きがあるということも少なくありません。

家庭内の重要なインフラである給湯器の修理には、自分が納得できる業者と見積りで決めることが求められます。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者