ガス式は燃焼と排気のリスク高!電気給湯器よりも寿命は短い

給湯器の寿命は給湯器の構造と給湯方式に起因する

給湯器はガス式、電気式によって構造が違うために、寿命や交換時期も異なります。給湯器の構造や給湯方法の違いを知って故障のリスクを研究しましょう。

給湯器の寿命と買い換え時期

チェック

給湯器の寿命と買い換えのタイミングを考えてみましょう。

給湯器は、家庭で使うお湯の大切な供給設備であり、導入するときのコストもそれなりに高いので、なるべく長持ちしてほしいというのが正直なところです。

しかし、給湯器の中でもガス給湯器は、仕組みや構造を考えても、ガスバーナーで熱交換器を燃焼させるため、物理的に給湯器にダメージが加わります。

したがって、ガス給湯器は比較的早く寿命が訪れると言ってもいいでしょう。

電気給湯器が最近人気を博していますが、燃焼する機構を持たず、排気もない電気給湯器は、クリーンな給湯器としてガス給湯器よりも寿命が長いといわれています。

ガス給湯器は10年が目安

ガス給湯器の耐久年数は10~15年と言われています。
ただ実際には、10年以内になんらかの故障によって新しいものに取り換えるケースも多いです。

特に、使用環境の違いは給湯器の寿命に大きく影響します。
塩害の多い地域では、配管の腐食がひどく、取り換え時期が早いペースで訪れるでしょう。

また、7年以上経過すると給湯器が故障をしてもメーカーに部品の在庫がない場合もあり、新しい給湯器に交換するようすすめられます。

電気給湯器は15年以上持つことも・・・

電気給湯器はガス給湯器と違い、クリーンな熱源で、本体に対してダメージのない給湯方法を採っていることから、比較的に寿命は長いです。

15年以上問題なく使える可能性も高く、ガス給湯器よりも構造的に長持ちすることは間違いありません。

給湯器の買い換えタイミングとしては、以下のことを基準にします。

・給湯器から異常音がするようになる(音が大きくなった)

・排気口の近くが黒ずんでいる

・熱いお湯がでない、給湯能力が低くなった

・給湯器のまわりでガスの臭いがする

上記のような症状が出るようになると、給湯器の買い換えのタイミングです。
特に、給湯器の設置から7年以上経過していれば、買い換えを検討してもいいでしょう。

7~10年経過するとメーカーに部品の在庫がなくなってしまっていたり、修理できても損傷個所の多さによっては、新品交換した場合と金銭的負担が変わらないということもあります。

また、7~10年経過していると、給湯器のラインナップ自体も刷新されており、燃焼効率が高まっていたり、エコで省エネな製品も豊富になってきているため、新品の給湯器に交換したら年間のガス料金が減ったという体験談もあります。

初期導入に10万~20万円する給湯器ですが、給湯の品質を考慮すれば絶対に長く使用するということに固執せずに、なるべく早い交換を検討する必要があります。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者