エアコンは全体の80%ほどの部品がリサイクルできると言われています。

エアコンのリサイクル方法

エアコンだけでなく、冷蔵庫、テレビ、洗濯機などの大型の家電は家電リサイクル法によって粗大ごみとしてではなく指定されている業者にリサイクル費用を払って処分しなくてはならないと定められています。リサイクル費用は使用しているメーカーによって異なる事があります。

エアコンのリサイクル

エアコンのリサイクル

エアコンだけでなく、冷蔵庫、テレビ、洗濯機など大型の家電は「特定家電用機器再商品化法」(通称家電リサイクル法)により、処分する場合は粗大ごみとしてではなく、指定されている業者にリサイクル費用を払って処分を依頼しなくてはいけません。

なぜリサイクル費用がかかるかと言うと、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの特定家庭用機器廃棄物からまだ使える部品を取り再利用する事で、廃棄物を減らして資源を有効活用させる為です。

特にエアコンは全体の80%ほどがリサイクルできると言われています。

自分で取外し・運搬を行うなら990円でリサイクル可能

運搬業者

リサイクルに掛かる費用は使用しているエアコンのメーカーによって異なります。
ほとんどの場合990円である事が多いですが、メーカーによっては2,000円かかる場合もあります。

また、業者に取り外しを頼む場合、家電リサイクル料の他に「出張運搬費用」として、業者の出張費とエアコンの取り外し費用が別途請求されます。
費用は業者によって異なりますので、依頼する場合は前もって金額を確認するようにしましょう。

エアコンの買い替えをする場合、店舗によってはリサイクル料金だけで引き取ってくれる所もありますが、収集運搬量など別途費用がかかるところもあるので、店舗で確認をしてみましょう。

業者などを使用せずに自力で指定の業者に持ち込む場合、家電リサイクル料金の990円だけで済みます。
この場合、郵便局など「家電リサイクル券」を取り扱っているところで家電リサイクル券を購入し、その券をエアコンに貼り付けて指定の場所に持って行きます。指定の場所がどこにあるかは、インターネット上で探す事が出来るので、持ち込みたい場合は検索をしてみましょう。

メニュー
水漏れ修理の基礎知識
メニュートップ
トイレの詰まり・水漏れ
メニュートップ
蛇口の水漏れトラブル
メニュートップ
排水管の詰まり・劣化
メニュートップ
エアコンの水漏れトラブル
メニュートップ
給湯器の水漏れトラブル
メニュートップ
東京都内の
水漏れ修理業者
都道府県別
水漏れ修理業者
全国対応
大手修理業者