水漏れ・水道トラブルなら全国対応業者BEST3
蛇口の水漏れトラブル
FAUCET

蛇口の水漏れトラブルを解決!
台所や洗面所の水道修理方法を紹介

キッチン蛇口の水漏れトラブルでお悩みの方へ

台所・キッチンの蛇口や水栓で水漏れが発生することってありますよね。当ページではキッチン水栓の水漏れの原因や修理について学びたいと思います。

WATER FAUCET PROBLEMS台所・蛇口の水漏れトラブル

キッチン

キッチンの水廻りは家庭生活の基盤です。昼夜問わず私たちの飲食を支えてくれる場所ですよね。
台所の水栓は使用頻度が高いので、蛇口の寿命が早く訪れて水漏れが発生したり、修理が必要になったりします。

ここでは、キッチン金具の種類や水漏れの要因、修理方法や修理を業者に依頼した場合の修理費用の相場、さらには自分でDIY修理をすることは可能かということを解説します。

蛇口の種類と水漏れの要因

蛇口・キッチン金具の種類は、いくつかに分類されます。
最近では、水またはお湯のみが出る単水栓をキッチンで使っている家庭は珍しく、水とお湯の混合栓タイプのキッチン金具が大勢を占めています

その中でもいくつかの種類に分けられ、種類に応じて修理方法や本体の交換工事の方法も変わってきます。

壁付水栓の場合

給湯管と給水管が壁に埋め込まれており、そこからクランクと呼ばれる管に本体が取り付けられていることがあります。このタイプには、本体がシングルレバーのものもあれば、お湯と水のハンドルがそれぞれ独立しているツーハンドルタイプのものもあります。

台付水栓の場合

キッチン金具としては、台付タイプのものが今では一般的となりました。
この場合もシングルレバーのものとツーハンドルのものがあります。

蛇口の修理方法

キッチン金具を修理する基本的な方法として、モンキーや専用レンチなどでナットを締め付ける原始的な方法が取られています。

使う道具は以下のように限られたものばかりです。

  • レンチセット
  • ウォータ―ポンププライヤー
  • シールテープ
  • マイナスドライバー
パッキンなどの部品交換

軽度の水漏れはパッキンなどの劣化によるものがほとんどだと言われています。
この場合は、パッキンを交換すれば正常に使用することができるため、金銭的な負担も少ないでしょう。

本体交換が必要な場合

① 台付タイプ
上面施工アダプターをセットして本体を取りつけ、シンク下に潜り込み、給湯管・給水管とつなぐことが求められます。

② 壁付タイプ
本体をクランクから取り外して、または、クランクを配管から取り外して、新しいものを取り付ける方法があります。台付タイプよりも工程は少ないですが、配管を傷つけないようにすることが大事なポイントです。

修理費用相場

台所・蛇口の水漏れなどの修理に困った時、業者に依頼したらどれくらいの費用がかかるのかは興味深いところです。

基本的には、部品交換程度で済む場合の修理費は、技術料や出張費用などから概算されます。パッキンなどの交換だけで済む場合は、基本料1,000~3,000円程度、出張費を含めても5,000~8,000円以内で済むことが多いとされています。

しかし、キッチン金具の劣化や老朽化が激しく、本体の交換が必要な場合には、水道金具本体の料金と施工費がかかるので3万~4万円かかることもあります。

DIY修理は可能?

現代は「DIY」の時代です。カンタンな日曜大工から家具の製作などを自分で行うことで、自分好みの家作りをする人が増えていますね。

キッチン金具の取り付けは専門の業者に依頼することが推奨されますが、自分でトライしてみる価値もあります。特に蛇口の取り付けや修理は、レンチセットなど少ない工具で行うことができるので、手順さえわかれば自分でやり抜くことも不可能ではないのです。

蛇口の寿命

毎日の生活に欠かすことのできないキッチン金具(蛇口)ですが、寿命は一体どれくらいなのでしょうか?
一般的には10年という数字が一つの目安であるといわれています。
しかし、使用頻度や使用環境によっても左右されるので、長持ちするものもあれば、かなり早く寿命が訪れてしまうものもあります。

キッチン水栓は飲料水を流す場所でもあるので、衛生面も考慮すればなるべく早く交換したいですね。